HOME >> 生産者情報 >> シャトー・デ・モワーヌ(フランス/ボルドー地方) 
↓INDEX↓
シャトーの概要
--------------------
栽培と醸造について
--------------------
ダルナジュー製樽の特徴
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
ガイド各誌評価
--------------------


◆シャトーの概要◆

歴史: 1940年代にラランド・ド・ポムロールの地にドメーヌを構えたダルナジュー家は代々,トヌリエ(樽職人)兼ブドウなどの農作物の栽培を生業としてきた。2代目William Darnajouウィリアム・ダルナジューにはHenriアンリとPierreピエールの2人の息子がおり,兄のアンリは1960年にブドウ栽培を継ぎ,ネゴシアンにバルクワインの販売を開始。その後,所有農地を20ヘクタールに拡大し,シャトー・デ・モワーヌ元詰めのワインをフランス全土に流通するまでに発展させた。一方,弟のピエールはLibourneリブルヌでトヌリエのCAP(職業適格証)を取得,Moeuixムエックス社のお抱え樽職人として技術を極め,1976年にはMOF(Meilleur Ouvrier de France)国家最優秀職人賞を受賞し,Tonnellerie Darnajouトネルリー・ダルナジューを設立した。ダルナジュー社製バリックはシャトー・ペトリュス,シュヴァル・ブラン,ラトゥール,ラ・グランス,トロタノワ,ベガ・シシリアなど,フランスの有名シャトーのみならず世界のカルトワインメーカーもが愛用している。ピエールはトヌリエの仕事に飽き足らず,シャトー・デ・モワーヌのMaitre Chaiメートル・シェ(醸造責任者)を兼業で勤めた。2013年没。現在,トネルリー・ダルナジューは1996年にピエールの息子ヴァンサン(ジャンの従兄弟にあたる)が後を継ぎ,数々の顧客から信頼を得続けている。一方,シャトー・デ・モワーヌは3代目当主アンリが亡くなり,息子ジャンJeanが4代目を継いだ。2004年より醸造家であるジャンの義理の弟Patrick Merleパトリック・メルルが共にシャトーを運営している。

生産者:Chateau des Moinesシャトー・デ・モワーヌ
当主:Jean Darnajouジャン・ダルナジュー(4代目)と,
義理の弟Patrick Merleパトリック・メルル(醸造家)の家族経営。
場所:Lalande de Pomerolラランド・ド・ポムロール
栽培面積:20ha(内1.30haはAOCボルドーに所有)
土壌:砂質粘土石灰,クラス・ド・フェール(酸化鉄x粘土)
平均樹齢:35年
流通先:主にヨーロッパ。 フランス国内の多数レストランでオンリスト。
・RESTAURANT AGAPE ミシュラン掲載
・RELAIS DU BOIS SAINT GEORGES ゴーミヨ掲載Table de Chef
・PHILLIPE GAULT TRAITEUR
・L’OPERA LATIN
・AUBERGE DU PROMONTOIRE
・GRAND HOTEL PELISSON
・L'ETRAVE
・LES PLATANES
・LA BOUCHERIE
◆栽培と醸造について◆

栽培:レゾネ栽培。現在ラランド・ド・ポムロールではほとんど見かけなくなった伝統的な馬を使った耕耘を1年に1度実施。土壌に空気を送ることで微生物の動きを活発化させ,自然環境を整えている。冬に土寄せ,春に土取り。除草も行う。除葉は区画によって機械または手作業を分けて行う。区画管理がワインに品質と伝統を与える。ブドウは最高に熟したところで区画ごとに機械または手で収穫し,選果を入念に行う。

 

醸造:伝統とモダン技術の融合。除梗,空気圧式圧搾機で破砕。最大限のアロマを抽出するため5日間低温で前発酵を施す。温度管理機能付きのタンクでアルコール発酵とマロラクティック発酵を実施。引き続き,凝縮感とバランスをワインに与えるため,高温で18〜30日間キュヴェゾン。その後,樽で熟成させシャトーで瓶詰め。樽はDARNAJOUダルナジュー,RADOUXラドゥー,VICTORIAヴィクトリアなど,一流樽メーカーの樽を使用。
◆ダルナジュー製樽の特徴◆

「右岸においては高品質ワインの証だといっても過言ではない。」と言われるダルナジューの樽は,生産量が少なく,ボルドーの一流シャトーであっても限られた生産者しか取引できないことで知られている。30年近くダルナジューの樽を使用している,ロバート・パーカー100点シャトー,シャトー・レグリーズ・クリネChateau L’Eglise-Clinetやシャトー・ラフルールChateau Lafleurは「ダルナジューの樽のお陰でワインの醸造をリブルヌで続けてこられた」,「ダルナジューの樫の原材料の多様性と確実性は,アッサンブラージュの際に確信へと変わる。体系的なアプローチを無視した樽の乾燥と焼きが,“極上の品”となる個性を与え,木とワインとの間に確立される繊細さとハーモニーの関係を保証する。」と賛辞を述べている。
◆各キュヴェの詳細◆
Chateau Jean Gue, AOC Lalande-de-Pomerol, Rouge
/シャトー・ジャン・ゲ 赤 (AOC ラランド・ド・ポムロール)2014 ==>> 詳細はこちら
Chateau des Moines, AOC Lalande-de-Pomerol, Rouge
/シャトー・デ・モワーヌ 赤(AOC ラランド・ド・ポムロール)2013 ==>> 詳細はこちら
Chateau des Moines Cuvee prestige, AOC Lalande-de-Pomerol, Rouge
/シャトー・デ・モワーヌ キュヴェ・プレスティージュ 赤
(AOC ラランド・ド・ポムロール)2012 ==>> 詳細はこちら
L'Ombriere, AOC Pomerol, Rouge
/ロンブリエール 赤 (AOCポムロール) 2012 ==>> 詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.