Macon Villages/マコン・ヴィラージュ 白 *参考品
ワイン名:マコン・ヴィラージュ
原産国/地方:フランス/ブルゴーニュ
原産地呼称:マコン・ヴィラージュ
品種:シャルドネ100%
土壌:石灰質の泥灰土で粘土石灰岩
樹齢:平均75年
植栽密度:1ヘクタールあたり6,000〜8,000本
生産量:1ヘクタールあたり68ヘクトリットル
*醸造
 7つの区画にある平均樹齢75年のブドウ樹由来。剪定の段階で1株に15房残るようにし、通常より収穫時期を遅らせ、ブドウをより熟成させる。収穫後、除梗せず、自生酵母のみで、15℃でステンレスタンクにて2.5ヶ月アルコール発酵。熟成はステンレスタンクにて、選別された上質な澱を用いたシュール・リーで8ヵ月熟成。ステンレスタンク内で上等な新鮮さとフルーティなノートが生まれる。熟成の最終段階で澱抜きを1度行う。ろ過を施し、2018年10月30日に瓶詰め(2016VT)。軽く、飲みやすく、食前酒として最適なワイン。


 ル・シェ・デュシェのマコン・ヴィラージュ 白は、7つの区画にあるブドウ樹由来だが、なかでも最古のブドウ樹は1910年に植えられていて、その樹齢はなんと111年だ。ドメーヌでは早くも1980年代から化学肥料の使用をやめ、有機栽培など、持続可能な農業を心掛けている。そのおかげでドメーヌの土壌は自然で非常に豊かなものになり、樹齢111年のブドウ樹も存在しているのだ。
 平均樹齢75年のブドウ樹は、7つの区画に植えられているが、そのうちの5つはヴィレ村に位置している。AOC上はもちろんマコン・ヴィラージュだが、AOCヴィレ・クレッセの畑に隣接している畑もあるのだ。通常のマコン・ヴィラージュとは違う、「ほとんどヴィレ・クレッセ」とも呼ぶべきマコン・ヴィラージュ