Rose Brut Premier Cru, Rose/ロゼ“ブリュット”プルミエ・クリュ ロゼ・辛口 NV
*ワイン名:キュヴェ・ド・レゼルヴ“ブリュット”
*原産国/地方:フランス/シャンパーニュ地方
*原産地呼称:AOC シャンパーニュ
*ブドウ品種:ピノ・ノワール100%
■コメント
 マルイユ・シュール・アイ産のブドウを100%使い,セニエ法で醸したロゼ。2008年物(20%)と2009年物(80%)のアッサンブラージュ。100%ホウロウのタンクで発酵。瓶内熟成期間24ヶ月(ボトリング:2010年4月)。ドザージュは6グラム。現行ロットは2012年11月にデゴルジュマン。

 ピノ・ノワールらしくレッド・フルーツを思わせるアロマがあり,豊満な味わい。軽いデザートや田舎風のおやつと良く合う。『ワイン・スペクテーター』で92点,辛口批評の『インターナショナル・ワイン・セラー』では90点を獲得したドメーヌのロゼのスタンダード・キュヴェ

『インターナショナル・ワイン・セラー 2013年12月号』掲載のコメント
・・・明るいオレンジ・ピンク。麝香,チェリー,レッドスグリが白胡椒やほこりっぽいミネラルによって広がりを見せる。しっかりした赤い果実の香りが深みや繊細でスパイシーなキャラクターを演出している。心地よいフィニッシュは白亜のヒントを感じさせる。  ★90/100点

『インターナショナル・ワイン・セラー 2012年12月号』掲載のコメント
・・・マルイユ・シュール・アイのピノ・ノワール100%。ローブはディープ・ピンク。レッド・フルーツとブラッドオレンジのアロマが,バラのようなドライ・フラワーやバター・トーストの香りによって,より複雑に感じられる。みずみずしさと目の粗さがジューシーなチェリーとラズベリーのフレーバーを与え,空気に触れるとやや苦味が増す。フィニッシュは滑らかで余韻があり,スモーキーなノートを残す。  ★89/100点

『インターナショナル・ワイン・セラー 2011年12月号』掲載のコメント
・・・濃厚なピンク。サクランボの皮や大黄,麝香草,ローズ・オイルなどの複雑で非常に鋭いブーケ。とてもブルゴーニュらしい香り。豊潤で強烈な味わいで,サクランボの苦味やピリッとした酸味に引き立てられたフラワー・トローチの風味。フィニッシュには歯ごたえのある素晴らしい後味と花のような余韻が残る。このシャンパーニュは,まさに食事にうってつけ。  ★90/100点

『ワイン・スペクテーター 2013年7月31日号』掲載のコメント
・・・エキゾチックなスパイスとフローラルなノートがあり,切れの良い酸味とマッチしている。砂糖漬けのチェリー,クランベリー,ザクロ,生アーモンド,スモークのアクセント。引き締まっているスタイルのワイン。鳥肉や軽い肉と相性が良い。今から2018年までが飲み頃。  ★91/100点

『ワイン・スペクテーター 2012年1月15日号』
特集:Small Champagnes Hit the Big Time  ★92/100点

『ワイン・スペクテーター 2011年11月15日号』掲載のコメント
・・・ブルゴーニュ・ワインのようなスミレやチェリーのコンポート,プラム,スパイス,そして新鮮な森のヒントを備えたワインらしい風味のロゼ・シャンパーニュ。長くクリーミーなフィニッシュとともに,とても豊潤で生き生きとしている。今から2021年まで楽しめる。  ★92/100点

『ワイン・アドヴォケイト 221号/2015年10月掲載』』掲載のコメント ★88/100点
・・・ガーネット色のブリュット・プルミエ・クリュ・ロゼNVは,マルイユ・シュール・アイのピノ・ノワール,2010年(80%),2009年(20%)のみで造られる。2009年はセニエ法で造られバレルで熟成され、2010年は短期間のマセラシオンにより色調とキャラクターを造り出した。ピノに由来するワインのアロマが開く。上品な泡が食事と合うが、これだけでも楽しめる。個人的には少し甘いと感じた(私が試飲したワインはドザージュが7g/Lで、2013年上期だった)。