tr>
Solera Brut Premier Cru
/ソレラ“ブリュット”プルミエ・クリュ 白・辛口 NV
*ワイン名:ソレラ“ブリュット”プルミエ・クリュ
(旧ブリュット・ヴィニュロン)
*原産国/地方:フランス/シャンパーニュ地方
*原産地呼称:AOC シャンパーニュ
*ブドウ品種:ピノ・ノワール50%,シャルドネ50%
*2014年2月入荷分より,エチケットとキュヴェ名が変更しました。

*コメント
マルイユ・シュール・アイ産とアイ産のブドウのブレンド。ジャック・セロスと同じソレラ方式でブレンドされるキュヴェで,1997ヴィンテージから2010ヴィンテージまでの14ヴィンテージのアッサンブラージュ。100%温度管理機能付のホウロウのタンクで発酵。瓶内熟成期間42ヶ月(ボトリング:2012年4月)。ドザージュは6グラム。現行ロットは,2015年7月にデゴルジュマン。年間総生産量5,000本。

 フルーティーさとフィネスが大きな特長で,バランスの取れたキュヴェ。柑橘類やリンゴ,ツゲを思わせるアロマがあり,心地良いミネラルが感じられる。

 《2012年 世界のベストレストラン50》の第10位にランク・インしたニューヨークにあるミシュラン3つ星「イレブン・マディソン・パーク(シェフ:ダニエル・ハム)」が,この“ル・ブリュット・ヴィニュロン”をハウス・シャンパーニュに採用。

『ギド・デ・ヴァン ベタンヌ&ドゥソーヴ 2015年版』掲載のコメント
・・・全てのキュヴェのフィネスと複雑味を賞賛する。ソレラは偉大なフレッシュさが表現されている。僅かな酸化を駆使したと高度な技術。ストラクチャーにより,中間,フィニッシュと共に完璧なバランスが保たれている。ソレラの手本がここにある。  ★16/20点&ク・ド・クール

『ゴー・ミヨ ギド・シャンパーニュ 2014年版』掲載のコメント
・・・素晴らしくバランスが取れたキュヴェ。酸化は控えめで,十分なミネラルの上に,非常にフレッシュさを保っている果実が表現されている。口当たりは非常に繊細で上品。炒ったような香りを感じさせ,フレッシュなフィニッシュにより申し分のないシャンパーニュになっている。  ★17/20点&ク・ド・クール

『ル・ギド・メイユール・ヴァン・ド・フランス 2013年版』  ★14/20点

『インターナショナル・ワイン・セラー 2012年12月号』掲載のコメント
・・・明るく,輝きのあるゴールドのローブ。スパイシーな香りに混じり,梨やタンジェリン・オレンジ,ミネラルが感じられる。味わいはジューシーで,様々な果物,柑橘系フルーツの染み入るようなフレーバーが鮮明さを際立たせている。また,空気に触れるとスモーキーなニュアンスが増す。厳格だが,決して痩せてはいない。フィニッシュは力強く,スパイシーな印象を伴う。  ★90/100点

『インターナショナル・ワイン・セラー 2011年12月号』掲載のコメント
・・・青みがかった黄色の色合い。澄んで輝いている。スパイシーなアクセントを伴った果樹園やオレンジの香りが,トーストしたナッツのヒントのバックグラウンドとともに感じられる。深みがありスモーキーな質の洋梨やネクタリンの風味とともに緊張感があり,見事にフォーカスされている。空気に触れるとフローラルな品質が増し,フィニッシュには素晴らしい迫力とスモーキーな余韻がある。  ★90/100点

『デカンター(2012年4月19日 テイスティング)』
・・・レッド・フルーツや桃の妖艶な香り。わずかだがオークや乳酸も感じられ(オークは一切使用していない),キャラメルのノートがある。重厚で力強いスタイルは,時間を要する。この上なく豊潤なシャンパーニュ。  ★15.1/20点

『ワイン・スペクテーター 2013年6月30日号』掲載のコメント
・・・辛口でジューシー。フィニッシュには酸味がある。繊細な泡立ちで,スターフルーツのノート。マルメロやアニス,フルーツケーキの香り。アペリティフと合わせると個性が際立つ。2011年11月にデゴルジュマン。2018年まで飲み頃。   ★92/100点

『ワイン・スペクテーター 2012年1月15日号』
特集:Small Champagnes Hit the Big Time  ★90/100点

『ワイン・アドヴォケイト 221号/2015年10月掲載』 ★92/100点
・・・私が試飲したブリュット・プルミエ・クリュ・ソレラNV(ブリュット・ヴィニュロン)は,1997年〜2008年のアッサンブラージュ。(ソレラはファブリスの父と,創設者のロジェの息子ジェームス・プイヨンによって1990年代に作られた)。シャルドネとピノ・ノワール各1/2のブレンド。クリアで深みのあるブーケ。スパイシーな香りと果実のアロマが,繊細に慎重に混ざり合っている。フルボディーで驚くほど複雑で,粘性があるが透明性もあるシャンパーニュ。辛口でクリスプ。フィニッシュはミネラルが感じられる。既に表現豊かだが,がっしりとしたストラクチャーを持つソレラは,時間が経つと今の若さが落ち着いて,さらにボトルでの熟成の恩恵を受けるだろう。2010年4月に瓶詰め,2014年上期にデゴルジュマンが行われ,ドザージュは5g/L。