Chiosu Fornelli Vin de Table, Rouge/シオス・フォルネリ(ヴァン・ド・ターブル) 赤 2015
*ワイン名:シオス・フォルネリ 赤
*原産国/地方:フランス/コルス地方
*原産地呼称:ヴァン・ド・ターブル
*品種:ミニュステリュ100%(平均収量50hl)
*生産本数:1,300本(初リリース:2015VT)
*醸造
 グリーン・ハーヴェストで6房残るように剪定。手摘みで収穫したブドウを100%除梗。48時間の低温静置後,ステンレス・タンクを用い,野生酵母のみでアルコール発酵を行う。発酵温度は27度。発酵期間は10日間。ルモンタージュを日に2回実施。発酵終了後,引き続き9日間の果皮浸漬を施す。空気圧式圧搾機で圧搾後,ステンレス・タンクで6ヶ月熟成。澱引き後軽くろ過を行い,瓶詰め。
ファースト・ヴィンテージの2015年物はステンレス・タンクで醸造することにより,品種の特徴を最大限に引き出すことに成功。ミニュステリュはコルスの地場品種で,畑からは消滅の危機に瀕していたが,近年,複数の造り手により栽培されるようになり,次世代の品種として注目されている。

*コメント
紫がかった落ち着いたルビー色の上品なローブ。小さなレッドフルーツの香りに甘草のノートがあり,豊満で深みのある味わい。しなやかな骨格に絹のようなタンニンが感じられる。サーヴィスは18-20度で。

『テール・ド・ヴァン 2016/1/22付』掲載のコメント
「コルス,土着品種の功績で復活:“ビアンコ・ジェンティルとミニュステリュが流行”」
・・・次世代の新品種,ビアンコ・ジェンティル,ミニュステリュなどが台頭してきている。AOCを名乗る場合の使用上限は10%と規定されているが,造り手のなかにはAOPの表示を諦めてでも,これらの品種の配合率を上げる者,さらには単一品種でワインを造る者もいる。ミニュステリュは赤ワインに色と円みを与えることで知られる。