Flute Enchantee, Blanc/フリュット・アンシャンテ 白<辛口> NV(2014)
*ワイン名:フリュット・アンシャンテ 白
*原産国/地方:フランス
/フランシュ=コンテ地方
*ブドウ品種:シャルドネ50%,
ピノ・ノワール30%,ピノ・ムニエ20%
※ピノ・ムニエは,シャンパーニュで栽培されているピノ・ムニエの全クローン8種類すべてがアッサンブラージュされている。j
*土壌:75%が粘土混じりの石灰質,
25%が珪素混じりの石灰質
*醸造
2014年収穫のシャルドネ(50%),ピノ・ノワール(30%),ピノ・ムニエ(20%/シャンパーニュで栽培されているピノ・ムニエのクローンすべてをアッサンブラージュ)に由来。ブドウは,シャルセンヌ,ギィ,ショワにある区画(75%が粘土混じりの石灰質,25%が珪素混じりの世界質)で栽培されたもので,樹齢は3-45年。剪定法は,ピノがギヨ・サンプル,シャルドネはギヨ・ドゥーブル。収穫は手摘み。

ステンレス・タンクで12ヶ月かけて原酒を醸造。アッサンブラージュの後,瓶内二次発酵を24ヶ月にわたり行う。澱引き後,デゴルジュ。さらにドメーヌのカーヴで2-3ヶ月寝かせてからリリース。

◆ラベル上にブリュットなどの甘辛度の表記はないが,ドザージュは1リットルあたり4グラム以下で,“ブリュット”の規定量となっている。また,スパークリング・ワインにはヴァン・ド・ペイのカテゴリーがないため,ラベルに表記されている原産地呼称は,メトッド・トラディショネル・ド・カリテ Methode Traditionnelle de Qualiteとなっている。

*コメント
アンリ・ジャイエ,DRC,ルロワ,コント・ラフォン,ルフレーヴ,ルーミエ,ドゥニ・モルテ,メオ・カミュゼ,ディディエ・ダグノー,ガイア,アンティノーリ,イゾレ・エ・オレーナ,ヨスコ・グラヴナー・・・など,世界の超一流の造り手たちの苗木と台木を一手に手がける天才苗木家,アンリ=グザヴィエ・ギョーム。加えて,サロン,クリュッグ,ボランジェ,ルイ・ロデレール,ドン・ペリニヨン,ジャック・セロスなどシャンパーニュの巨匠たちも,苗木と台木の管理を全面的にギョームに依頼している。とりわけ,DRCで知り合ったジャック・セロスとは20年近い親交があり,近年のセロスの世界的名声を影で支えてきた。また,十数年前に植替えが行われたクリュッグの“クロ・デュ・メニル”の畑においては,ギョーム家が接木作業を全面的に請け負った。このように絶大な信頼を受けるカリスマ苗木家が超一流シャンパーニュの造り手たちとの交流で培ったノウハウを駆使して極小量のみ造るヴァン・ムスーが,“フリュット・アンシャンテ”。“フリュット・アンシャンテ”とはフランス語でモーツァルトのオペラ作品「魔笛」を意味する。まさしくオペラのような夢のひと時を満喫させてくれる幻のスパークリング・ワイン(2018年5月中旬入荷分)。

*テイスティング
ゴールドの反射を持つ黄色のローブと,果物や花,トーストを思わせる複雑な香り。繊細な口当たりでとてもチャーミングな泡立ち。6-8度に冷やしてアペリティフとして,またはデザートと一緒に。モーツァルトの音楽が魅惑的な音のシンフォニーであるように,このヴァン・ムスーも香りと複雑さによるシンフォニーを奏でる。

*ラベル上にブリュットなどの甘辛度の表記はありませんが,ドザージュは1リットルあたり2グラム(エクストラ・ブリュット)。また,スパークリング・ワインにはヴァン・ド・ペイのカテゴリーがないため,ラベルに表記されている原産地呼称は,メトッド・トラディショネル・ド・カリテ/Methode Traditionnelle de Qualiteとなっております。