Lune de Miel Muscat Moelleux/リュンヌ・ド・ミエル 甘口・白
*ワイン名:リュンヌ・ド・ミエル 甘口・白
*原産国/地方:フランス/ラングドック地方
*ブドウ品種:ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン
(別名フロンティニャン)100%
*栽培面積:25ヘクタール
*土壌:粘土・石灰質
*年間生産本数:30,000本
地中海沿岸のフロンティニャンで造られる
“ハネムーン”という名のスウィート・ワイン
“リュンヌ・ド・ミエル”
*リュンヌ・ド・ミエルについて
フランス語で「リュンヌは月、ミエルははちみつ」を意味する。<リュンヌ・ド・ミエル>とは蜜月、つまり<ハネムーン>のこと。
このワインを生産する“フロンティニャン・ミュスカ”は、20世紀初頭にフロンティニャンのネゴシアン、ヴィクトール・アンテリューがミュスカ・ド・フロンティニャンの生産者を束ね、1904年に会社を設立したのが始まり。“フロンティニャン・ミュスカ”は、1940年代にはドメーヌで瓶詰めを開始し、直売をするなど独立の道を進み始めた。1950年代には、シャンパーニュ・アンリオと販売契約を結び、カフェ、ホテル、レストランで定評のあるワインとして拡大。1960年代終わりにはフランスで最も販売網を持つ生産者の1つとなった。2008年には地元で最後の競合生産者を買収し、現在総栽培面積は622ヘクタールに及ぶ(内540ヘクタールがAOC)。“フロンティニャン・ミュスカ”のワインはこの地を代表するワインと言える。辛口、甘口、マールなど50種類近くのラインナップがある。
畑は、ガルディオール山脈と地中海の間に位置するフロンティニャンのコミューンにある。畑の大部分は地中海に近いプレーヌ/Plaineと呼ばれる平野に位置し、湖と粘土に由来する石灰質土壌。熟したミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン(別名フロンティニャン)を使用することで、自然な糖分が40gに保たれモワルー(甘口)になる。

*醸造
手摘みで収穫し、除便し果皮浸漬を行う。空気圧搾機でゆっくりと圧搾し、デブルバージュを実施。低温で発酵しシュール・リーの状態で熟成。ブドウの自然な糖分は40g。

*コメント
アカシヤの花、フレッシュなブドウの香り。口中はフィニッシュまで続く長く芳醇な余韻がある。3〜5年寝かせることもできる。6〜8度でサーヴィスすると良いでしょう。

*ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン(フロンティニャン)品種について
ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン品種は、元々ローマ人により“アピエナ・ウヴァ/Apiena Uva”の名前でナルボンヌの地に運ばれた。“アピエナ・ウヴァ”とは、“ミツバチを惹き付けるブドウ”という意味。フロンティニャンで唯一栽培されている品種で、房の大きさは中程度で長く、詰っていて円筒形をしている。発芽が早いため春の霜にさらされる。うどん粉病にも弱く、皮が薄いため灰色カビの脅威にも敏感である。完全に熟成しきる少し前に、ようやくミツバチ達が好む“料理”となる。果肉は引き締まっていてジューシーで、糖分が非常に高くミュスカ特有の風味を持つ。糖分が1リットル当り200g(ミュスカ・セック)〜252g(AOCミュスカ・ド・フロンティニャン)になるのを待ってから収穫される。熟成が早い品種のため、収穫は8月15日前後に行われる。