HOME >> 生産者情報 >> シャトー・ヴュー・ムーラン(フランス/ラングドック地方) 


↓INDEX↓
ドメーヌの概要
--------------------
シャトー・ド・ラ・ネグリ
クロ・デ・トリュフィエ
--------------------
クロード・グロ
--------------------
ジェフリー・デイヴィス
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------


 シャトー・ヴュー・ムーランは,かってはバルクワインを生産するドメーヌだった。しかし,祖父の逝去に伴い1997年にドメーヌを継承した現当主アレクサンドル・テイ Alexandre Theyが全てを刷新。所有地の中に1世紀以上前からあった小麦を引く水車小屋にちなみドメーヌ名を"シャトー・ヴュー・ムーラン"と命名,1998年から全く新しいドメーヌとして元詰めを開始した。シャトー・ヴュー・ムーランの名声確立のために,アレクサンドル・テイは今やマ・ド・ドマ・ガサックを超越し,ラングドックでパーカー・ポイント96点を毎年のように連発している<怪物シャトー>シャトー・ド・ラ・ネグリと,<辣腕ワイン・ブローカー>ジェフリー・デイヴィスが所有するクロ・デ・トリュフィエで醸造を務めるクロード・グロ Claude Grosをコンサルタントに招聘。また,ドミニク・ローランやミッシェル・タルデューともバリックでのシュール・リーによる熟成でコラボレーションを行うなど,精力的にブドウ栽培とワイン造りに取り組んでいる。
←アレクサンドル・テイと夫人



 このクロード・グロのコンサルタント,そしてドミニク・ローランとミッシェル・タルデューの介入によってシャトー・ヴュー・ムーランの品質は劇的に向上。設立から10年目を迎えた2008年秋に出版された『アシェット 2009年版』で,ドメーヌのフラッグシップ・ワインとなるコルビエール"レ・ザイユ"が見事<ク・ド・クール(最も心に残るワイン)>を獲得した。また,『アシェット 2011年版」ではコルビエール"シャトー・ヴュー・ムーラン"が,ギガルのコート・ロティ"ラ・テュルク"やジャン=ルイ・シャーヴのエルミタージュといった超高級ワインと共に<3つ星>と<ク・ド・クール>をダブルで受賞するという栄誉にも即した。また,シャトー・ヴュー・ムーランのワインがロー・コストのラインナップであるにもかかわらず,フランス最高のワイン評論家ミッシェル・ベタンヌが2006年に新たに刊行したワイン・ガイド『ル・グラン・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス 2007年版』に登場。「豊満で凝縮したワインのスペシャリスト」と高く評価され,最新の2013年版まで掲載され続けている。

 シャトー・ヴュー・ムーランでは完全な有機農法でブドウ栽培を行っており,数年後にはエコサートに認証される予定。また,カリニャンの1つの区画でバイオダイナミック農法を実験的に行っている。栽培品種はカリニャン,シラー,グルナッシュ,ムールヴェードル,カベルネ・ソーヴィニョン,サンソーの6種類。栽培面積は27ヘクタール弱。水が少ない地方で,下草を生やすとブドウ樹と競合しすぎてしまうため,下草は生やさずに,年に1-2回除草を行っている。もちろん除草剤は一切用いない。施肥も行わない。畑の耕耘は年に3-4回実施。短小剪定,芽かき,摘芯,グリーン・ハーヴェストなど全て手作業で行い,収量を極めて低く制限し,フィネスとエレガンス,ミネラルを兼ね備えたワイン造りを志向している。

 シャトー・ド・ラ・ネグリとクロ・デ・トリュフィエは,どちらもロバート・パーカーの最新の『ワインバイヤーズ・ガイド 第7版』において,5つ星に格付けされるラングドックの最高峰ドメーヌ。シャトー・ド・ラ・ネグリはジャン・ポー=ロセが,クロ・デ・トリュフィエは,ジェフリー・デイヴィスが所有者だが,畑仕事からワイン造りまでの全てをクロード・グロが行っている。どちらもコトー・デュ・ラングドックの赤ワインで,毎年パーカー・ポイント95点前後を連発しているカルト・ワイン。

 
画像(左)ジェフリー・デイヴィス,(右)クロード・グロ
 クロード・グロは、ラングドックNo. 1の呼び声が高い醸造家で,ナルボンヌにあるラボラトリー・ドゥジャンに勤務する40代半ばの新世代の醸造コンサルタント。栽培・醸造技術に精通しているのみならず,優れたテイスターでもある彼は,ラングドックで最も有能な醸造コンサルタントの1人としてロバート・パーカーに名指しで称賛された。ミッシェル・ロランのように自分の宣伝をしないので知る人ぞ知る存在。その味の分析力は半端でなく,たとえば「このタンニンがあるので,この酸が感じやすくなる。」といった天才的な分析をする。彼のコンサルタントには以下のような特徴がある。
・ブドウを完熟させる。

・有機栽培。

・ミクロヴィラージュ(泡による微酸化法)を駆使し,
エレガントでソフトなワインを造る。ラングドックのミクロヴィラージュの先駆者。

・ワインにフルーティーさを求める。

・樽の香りを付けすぎないように,独特な容量の樽(340リットル入りなど)を
ブドウ品種によって使い分ける。

・樽熟成中のシュール・リーによってワインにミネラル感を与え,
重くなりがちなワインに軽やかなバランスを付与する。

・土壌と品種の関係をより意識し,作為的なブレンドによる調和ではなく,
自然がもたらす調和を尊重する。
 そもそもシャトー・ド・ラ・ネグリはジェフリー・デイヴィスによって発掘されたドメーヌ。辣腕ワイン・ブローカーであるデイヴィスは「クロードのすごいところは醸造だけでなく栽培にも精通していることだ。彼が栽培で重視するのは何よりもブドウの生理的完熟で,その結果,ネグリの収穫期は地元の他のシャトーよりもかなり遅くなっている。また、彼のテイスティング能力は本物だ。」と彼の才能に惚れこみ,自身がコトー・デュ・ラングドックに所有するドメーヌ,クロ・デ・トリュフィエでのワイン造りの全てをクロード・グロに任せている。通常はロバート・パーカーと意見と対立することの多いジャンシス・ロビンソンもクロード・グロの才能を高く評価している。
 ネゴシアン(シグナチャー・セレクションズ)代表。サンフランシスコ出身。米国人として初めてボルドー大学醸造学部を卒業。1972年に米国のワイン・ジャーナリズムのはしり『レ・ザミ・デュ・ヴァン』を創刊。ネゴシアン「シグナチャー・セレクションズ」を設立して,無名で実力のある生産者を次々と発掘し,世界に知らしめてきた。特に1990年代以降のボルドー右岸の発展は,この男抜きには考えられない。シャトー・ド・ヴァランドロー,ラ・ゴムリー,グラシアなど,多数のガレージ・ワインを世に送り出した。
Vox Dei AOC Corbieres, Rouge
/ヴォックス・デイ(コルビエール) 赤 2013 ==>> 詳細はこちら
Chateau Vieux Moulin AOC Corbieres, Rouge
/シャトー・ヴュー・ムーラン(コルビエール) 赤 2013 ==>> 詳細はこちら
Chateau Vieux Moulin Rose AOC Corbieres, Rose
/シャトー・ヴュー・ムーラン(コルビエール) ロゼ 2013 ==>> 詳細はこちら
Syrah Vin de Pays d'Oc, Rouge
/シラー(ヴァン・ド・ペイ・ドック) 赤 2013 ==>> 詳細はこちら
Cabernet Sauvignon Vin de Pays d'Oc, Rouge
/カベルネ・ソーヴィニヨン(ヴァン・ド・フランス) 赤 2013 ==>> 詳細はこちら
Terre d'Eole Vins de Pays d'Aude, Rouge  *参考品
/テール・デオル(ヴァン・ド・ペイ・ドォード) 赤 ==>> 詳細はこちら
Les Ailes AOC Corbieres, Rouge  *参考品
/レ・ゼル(コルビエール) 赤 ==>> 詳細はこちら
Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.