Gris de Toul AOC Cotes de Toul, Gris/グリ・ド・トゥール(AOC コート・ド・トゥール) ヴァン・グリ 2015 
*ワイン名:グリ・ド・トゥール グリ
*原産国/地方:フランス/ロレーヌ地方
*原産地呼称:AOC コート・ド・トゥール
*品種:ガメィ90%,ピノ・ノワール10%


ダヴィッド・ルリエーヴルによる
テイスティング・コメントをご覧いただけます。
2012&2018年版アシェット・ワインガイドで2つ星を獲得し
「ク・ド・クール=最も心に残るワイン」にも選出
フランスを代表するヴァン・グリ
すべてのヴァン・グリの原点と呼べるキュヴェ

*醸造
 南向きの斜面に植樹されたガメィとピノ・ノワールを手摘みで収穫。その場で選果を行い,小さなケースで醸造所に運ぶ。直ぐに圧搾を行い,ステンレス・タンクを用い,低温(17度)で発酵行う。発酵期間は約15日。発酵終了後,引き続きステンレス・タンクでシュール・リーの状態で定期的にバトナージュを施しながら熟成を行い,収穫の翌年の春に瓶詰め。マロラクティック発酵は行わない。

*コメント
 サーモンピンクの輝くようなローブとバラ色の反射。上品でありながら力強い香りには,イチゴや木イチゴのノートが感じられる。素晴らしい新鮮さによって引き立てられた小さなレッド・フルーツを思わせる風味があり,まろやかで粘性のある味わい。フィニッシュにはサクランボのノートが感じられる。

 サーヴィスは9度前後で。アペリティフに最適ですが,シャルキュトリーやキッシュ,サラダ,クスクスなどのアラブ料理,グリエした魚料理とも相性が良いでしょう。

*ヴァン・グリについて
 フランスの農業省の規定によると,ヴァン・グリは「白い果肉で金色の果皮のブドウ」を直ちに圧搾して,白ワインと同じように造るワイン。フランスにはヴァン・グリがいくつか存在するが,最も有名なのがロレーヌ地方のグリ・ド・トゥール。AOC コート・ド・トゥールのヴァン・グリは,ガメィとピノ・ノワールのブレンドによって造られる。また補助品種としてオーセロワやピノ・ムニエ,オーバン種なども混醸できる。生き生きとして,とてもフルーティーな味わいは分かりやすく,冷やすとより風味が引き立つ。若いうちに楽しむべきワイン。

『アシェット・デ・ロゼ 2017-2018年版』&『アシェット・ワインガイド 2018年版』
・・・フランス革命以降,第二次世界大戦前より,父から子へと受け継がれ,ホップや野菜とともにブドウが育まれてきた。ドメーヌではロレーヌ産ミラベル(リキュール&オー・ド・ヴィ)も生産している。初のボトリングは1971年。2008年にダヴィッド(経営)とヴァンサン(栽培・醸造)が父ロランから後を継いだ。およそ15haのブドウ園を所有する傍ら,ネゴスの活動も行う。

ガメィ主体に補助品種のピノ・ノワールを少量加えたこのグリ・ド・トゥール 2016がク・ド・クールを獲得するのは初めてのことではない。輝きのある澄んだ外観は淡いサーモンピンク色。魅力的で調和が取れ,表現豊かで,その繊細さによって一層テイスターを喜ばせる。さらにはサクランボとイチゴのアロマを放ち,フレッシュでパリッとした上品なマティエール。際立って心地良くアペラションの模範といえる。サーモンのキッシュと合わせたい。  ★2つ星&ク・ド・クール(評価:2016VT)