TURBIGO, Rouge 2016
/”テュルビゴ 赤
■ワイン名:”テュルビゴ 赤
■原産国/地方:フランス/パリ
■原産地呼称:ヴァン・ド・フランス
■ブドウ品種:サンソー100%
■平均樹齢:40年
■テロワール:赤い粘土、小石。ローヌのドメーヌ・マラヴィラ(有機栽培)の畑で造られるブドウを使用。

■醸造:26度以下で15日マセラシオン。軽くルモンタージュ、タンクで熟成。瓶詰めは3月末に実施。

■コメント:深いルビー色のローブ。赤い果実(サクランボやフランボワーズ)、花(ボタン)の食欲をそそる香り。僅かに胡椒や潅木林(ガリグ)のノート。アタックはきれいな丸みがあり魅惑的。粘性があり、柔らかく調和の取れたタンニンが感じられる。美しい酸により、果実味がより豊かに感じられる。食欲をそそるワイン。

■キュヴェ名の由来:レ・ヴィニュロン・パリジャンがあるパリの通りの名前。

■各誌の評価
◆『キュイジーヌ・エ・ヴァン/Cuisine et Vins 』(2016年4月掲載)
首都パリでワインを造るという大きな賭けが数ヶ月前に始まった。ブドウは主にローヌから冷蔵トラックでテュルビゴのモダンな醸造所に運ばれ、醸造される。この春リリースした最初のワインはサンソー赤で、噛み応えのある赤い果実の香り。良質のブドウに由来するフレッシュなタンニンが感じられる。
誰と:ツーリストと
何と:パリ産ハムのサンドウィッチと
どこで:ルクセンブルグ公園のピクニックで

■メダル受賞
◆『コンクール・アンフォール2017』
テュルビゴ2016:銀賞

コンクール・アンフォールは、毎年パリで開催されるビオロジックワイン&転換中ワインの国際コンクール。2017年5月に開催された第21回コンクール・アンフォールでは、740のワインが180人のプロフェショナルにより試飲され、236のワインが受賞。 テュルビゴ2016が銀賞を受賞!国際コンクールでの初めての受賞。