Cotes du Rhones Villages Reserve de Cassagne AOC, Rouge
/コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ“レゼルヴ・ド・カッサーニュ” 赤 
■ワイン名:コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ
“レゼルヴ・ド・カッサーニュ” 赤
■原産国/地方:フランス/ローヌ地方
■原産地呼称:コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ
AOC
■ブドウ品種:グルナッシュ80%、
ムールヴェードル20%
■平均樹齢:40年
■収量:1ヘクタール当たり25ヘクトリットル
■生産本数:13,600本
■醸造
ブドウは100%除梗し、セメント・タンクで野生酵母を用いて6〜7日間発酵させる。発酵時の温度は28℃で、終盤は30℃ぐらいまで上昇する。その間ルモンタージュは1日2回施す。マセレーションは12日間行う。空気圧圧搾機で圧搾し、50%は樽(シャトー・ラ・ネルトのシャトーヌフ・デュ・パプ“キュヴェ・デ・カデット”赤を熟成させた樽)、残りはセメント・タンクでシュール・リーの状態で12ヶ月熟成させる。(時には円錐台状の大樽を使用するときもある。)澱引き、清澄は施さず、ろ過後に瓶詰め。

■各誌の評価
『ワイン・アドヴォケイト』(2010年10月)のコメント
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ"マシフ・デュショー"2009  87-88点

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ マシフ・デュショー"レゼルヴ・ド・カッサーニュ"にはたくさんの構成要素があるが、深いルビー/紫の色調の濃厚なワインで、タンニンは顕著で、フィニッシュは統一性があり、ドライである。

『ワイン・スペクテーター』(2000年12月15日)のコメント
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ“レゼルヴ・ド・カッサーニュ” 1999  92点

継ぎ目なく快楽的で、誘惑的な味わいの素晴らしいバランスを感じられる。厚みがあり成熟していて、タールやブラックベリーと共に、湿った大地を感じる。オーク樽のノートが、贅沢な果実味に埋もれている。フルボディでクリームのような艶やかな質感が、甘さと超完熟したタンニンを引き立たせている。始めから終わりまで宝石のように美しい。今から2010年にかけてが飲み頃。

『ワイン・スペクテーター』(1999年12月15日)のコメント
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ“レゼルヴ・ド・カッサーニュ” 1998  92点

快楽的。この絹のように滑らかな赤は、舌の上に溶け込むようだ。完熟したブラックベリー、スモーク、スパイスやチョコレートのノートを持ったこの宝石のようなワインに、欠点を見つける方が難しい。さらに甘いタンニンと贅沢な質感が、愛撫するようなタッチと共にあなたを魅了する。今から2004年にかけてが飲み頃。