Ad Astra IGT Maremma, Rosso/アド・アストラ(IGT マレンマ) 赤 2013
*ワイン名:アド・アストラ
*原産国/地方:イタリア/トスカーナ州
*原産地呼称:IGT マレンマ
*ブドウ品種:サンジョヴェーゼ40%,
カベルネ・ソーヴィニヨン25%,メルロー15%,
シラー15%,その他5%
※375ml(2012VT)もあり
*醸造
 50ヘクトリットルと105ヘクトリットルの2種類のステンレス・タンクで発酵とマセレーションが行われる。発酵温度は28-30度,発酵期間は15日間。ワインの一部はネクター・デイ同様,ミディアム・トーストされたアリエ産バリック(新樽,1年樽,2年樽各1/3ずつ使用),一部はステンレス・タンクで10ヶ月間熟成。清澄をせず,非常に軽い濾過の後瓶詰めされる。2011年2月に瓶詰め。

 マレンマ地区からの2本目のワインの名称は,ラテン語の格言“Per Aspera Ad Astra(ペル・アスペラ・アド・アストラ)=苦難を乗り越えて栄光へ”に由来する。この格言はワインにとっても通じるものがある。偉大なワインは仕事を愛し,ブドウ畑での多大な努力が必要であるからだ。兄貴分のワイン“ネクター・デイ”同様,アド・アストラもマレンマ南部の自社畑,モンジベッロ・デッレ・マンドルライエの太陽が降り注ぐ丘で育っている。
 アド・アストラは親しみやすいだけでなく,複雑さを兼ね備えた赤ワインで,若いうちから楽しむことができる。イタリアを代表するワイン・ガイド,『ガンベロ・ロッソ』で2008年物が最高評価のトレ・ビッキエールを獲得した。

*エチケットのデザイン
 フィレンツェ出身のグラフィック・デザイナー兼写真家であるカテリーナ・デ・レンツィス・ソニーノ男爵夫人が担当。彼女がこれまで手掛けたエチケットは,アルジャーノの“ソレンゴ”,テヌータ・サン・グイドのサッシカイアの弟分“グイダルベルト”,アンティノリの“ピアン・デル・ヴィーニュ・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”など,超一流のワインのみ。

*各誌の評価
『ワイン・アドヴォケイト』 2012VT:91点
・・・アド・アストラ2012年は,サンジョヴェーゼ,カベルネ・ソーヴィニヨン,メルロー,そしてシラーのブレンド。このワインは暗い色調と深みがある。ダークチェリー,スパイス,なめし皮,バーベキュー・スモークと乾燥タバコのアロマが男性的な要素を醸し出している。このワインの深い柔らかさと豊かさのおかげで,口中では樽の存在をはっきりと感じる。アド・アストラは若い。これから洗練されていくトスカーナのブレンドの赤ワイン。

ジェームス・サックリング 2012VT:91点

ジャンシス・ロビンソン 2012VT:16.5/20点

『ワイン・スペクテーター』 ★91点
黒すぐり,チェリー,ヒマラヤスギ,グリーン・オリーヴのノートは,カベルネを連想させ,酸,なめし皮,心地よい渋めのタンニンがサンジョヴェーゼを主張している。ブレンドしているおかげで個性と持続性がある。今から2020年まで飲み頃(2012VT)。

『ビベンダ 2014年版』 2011VT:4房
『ビベンダ 2013年版』 2009VT:4房
『ドゥエミラヴィーニ 2012年版』 2008VT:4房
『ドゥエミラヴィーニ 2011年版』 2007VT:4房
『ドゥエミラヴィーニ 2010年版』 2006VT:4房
*ドゥエミラヴィーニは,2013年版からビベンダに改名している。

『ガンベロ・ロッソ 2012年版』 2008VT:3グラス(最高評価)

『ワイン・スペクテーター 2009年10月31日号』 ★91点
潰したラズベリーとダークチェリーの魅力的なアロマに,ヴァニラのヒント。フル・ボディで柔らかく,絹のようなタンニンを備え,ミルク・チョコレートとフルーティーなフィニッシュ。カベルネ・ソーヴィニヨン,メルロー,シラー,サンジョヴェーゼのブレンド。2011年以降が飲み頃(2006VT)。