Olio Extra Vergine d'Oliva Oliva di Nittardi
/オリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ドリーヴァ“オリーヴァ・ディ・ニッタルディ 2016
*名称:オリオ・エクストラ・ヴェルジーネ
・ドリーヴァ“オリーヴァ・ディ・ニッタルディ”
*原産国/地方:イタリア/トスカーナ州
*品種構成:レッチーノ,モライオーロ,
コレッジョーロ
*酸度:0.20%以下
*エキストラ・ヴァージン・オリーヴ・オイルの規定は,酸度0.8%以下。すなわち,0.2%は極めて低い数値。酸度が低いほど,鮮度は高い。
*製法
 16世紀頃から続くニッタルディ所有の4ヘクタールの畑で収穫した最高のオリーヴの実に由来。生産工程のすべては,国内外で多くの賞を獲得している高級オリーヴ・オイル生産者,Torre Biancaの技術を採用している。熟練したスタッフが丁寧に手摘みで収穫後,4時間以内に圧搾,瓶詰めしているので,ほとんど酸素に触れていない。

 イギリス女王 エリザベス2世のお抱えシェフが購入するほどの高品質なオリーヴ・オイルは,4ヘクタールの自社オリーヴ農園のオリーヴを丁寧に手摘みで収穫されたオリーヴの実から丁寧に搾油。搾油は低温で(コールド・プレス製法)行われる。深いエメラルド色,はじけんばかりの芳香が鮮烈な印象を引き立てる。フルーティーで調和の取れた優しい味わい。デリケートな味わいを楽しむために,加熱せず,そのままサラダやカルパッチョなど繊細な料理とともに。

「ソル・デオロ 2014/2015」において,ベスト・オリーヴ・オイル獲得
 第12回国際ソル・デオロ・コンペティションは,エキストラ・ヴァージン・オリーヴ・オイルのみエントリーすることができ,フルーティー度(強・中・弱),オーガニック,単一品種の5部門で審査された。オリーヴァ・ディ・ニッタルディは,フルーティー度強部門で2014年,そして2015年に見事No. 1に輝きました。

ガンベロ・ロッソ「オイル・ディタリア 2014」において,最高評価の3フォリェ獲得

ドイツのガイド『ディ・ファインシュメカー』における《オリオ・アワード 2013》ベスト50の15に選出(2012VT)。

*オリーヴの種類
・モライオーロ/Moraiolo:トスカーナ地方原産。小さな実が特長の品種。中部イタリア全土に普及している。濃い緑色で辛口のオイルができる。ポリフェノールの含有量が多い。

・レッチーノ/Leccino:トスカーナ地方原産だが,イタリア全土に分布している品種。比較的まろやかなタイプ。オイル用だけではなく,食用にも使用されている。モライオーロに比べて甘味がありフルーティーなオイル。モライオーロとバランスを取るためにブレンド。

・コレッジョーロ/Correggiolo:中部イタリア産。中部イタリアでは最もポピュラーなフラントイオに似た特長を持ち、スパイシーで繊細なタイプのオイルができる。