HOME >> 生産者情報 >> ラファエル・パラシオス(スペイン/バルデオラス) 


↓INDEX↓
スペイン最高の
白ワイン誕生の軌跡
--------------------
スペイン最良の
白ワイン産地
バルデオラス
--------------------
ラファエル・パラシオス
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
プレス記事
ウィルソン・オン・ワイン
ザ・ドリンク・ビジネス(DB)2017/2/27
ワイン・スペクテーター
ワイン・エンスージアスト
ジャンシス・ロビンソン
・ドット・コム

ギア・ペニン
(ペニン・ガイド)

シバリタス
ラ・ルヴュ・デュ
・ヴァン・ド・フランス

ヴィノテーク
料理王国
ヨミウリ・オンライン
--------------------
ラファエル・パラシオスの
ワインを取り扱う
著名レストラン&ホテル
◆プレス記事◆

ウィルソン・オン・ワイン-2017年3月14日
「ラファエル・パラシオスの美味しいワイン」
・・・愛読者の方なら,私(筆者ジョン・ウィルソン)がゴデーリョとその産地バルデオラスのファンであることはご存知でしょう。この瞬間に更新されていない限り,この白ワインがスペイン産最高の白である(もちろんシェリー酒は除く)。その味わいは,口内で果実味が広がり,素晴らしい酸があり,(通常,樽熟成はしていないが)確かなブルゴーニュの要素がある。このワインの品質は,ここ数年で認知された。アイルランドの厳選されたワイン・リストでは,リアス・バイシャスのワインに並ぶ。1970年代にはこの品種はほぼ消滅し,パロミノとアリカンテに植え替えられた。地元の数人の活動家とリオハ出身の2人の男性によって,ゴデーリョは絶滅から救済された。そのうちの1人が,ラファエル・パラシオスだ。

ラファエル・パラシオスは9人兄弟の末っ子。パラシオス・レモンド家のメンバーのほとんどはリオハ地域に住み,有名なワイン会社,レストラン,そしてホテルを経営している。

兄のアルバロ・パラシオスは,カタルーニャのプリオラートを復活させたカルテット()の1人として名高く,スペインで最も尊敬される(そして高価な)2つのワイン,フィンカ・ドフィとレルミタを生産している。
*アルバロ・パラシオス,ルネ・バルビエ(クロス・モガドール),カルロス・パストラーナ,ホセ・ルイス・ペレス(現在は娘のサラ・ペレスが後を継いでいる)

甥はバルデオラス近郊,ビエルソでアルバロとベンチャー事業に携わる。ラファエル・パラシオスは常に白ワインに興味を抱いていた。彼は父にリオハの土地で白ワインを造ることを許可させた:
私は若かったし,強引だったので,父は結果的に私にプラセット Placetの生産を許してくれた・・・。
とラファエルは語る。ボデガ・パラシオス・レモンドの白ワインは,直ぐにスペインで最も称賛されたワインの1つになった。
それkら,1997年か1998年にゴデーリョのワインを試飲することがありました。大西洋の影響と豊かさ,グリセリンとボディとのバランスが良く,ガリシア・ワインがまったく異色のものであることが分かりました。私は高度計を手に,バルデオラスで最も高い場所にある畑を探したのです。
バルデオラスは,金の谷を意味する。ローマ人はここで金を採掘した。彼らは鉱山を掘り尽くした時にブドウを植えた。過去10年間で,この地域は完全に復活した。新たに植樹を行い,新しいワイナリーも興した。現在,栽培に従事する者は2,000人,そして45のワイナリーがある。生産されるワインの90%がスペイン国内で消費されている。主に大陸性気候だが,一部は大西洋の影響を受ける。最高のブドウ畑は,標高500メートルの斜面にある花崗岩と粘板岩の土壌である。パラシオスのブドウ畑の大部分は,DO バルデオラス内の3つの谷の1つであるバル・ド・ビベイ Val do Bibeiの花崗岩土壌に広がる。現在は100以上の異なる区画を所有し,ブドウを栽培している。

パラシオスが手がけるワインのうち,3つのワイン(ロウロ,アス・ソルテス,ソルテ・オ・ソロ)は,通常500リットルのオーク・バレルで熟成されているが,オークの影響はあまり目立たない。ロウロにはトレイシャドゥーラ(もう1つのポテンシャルを秘めた土着品種)がブレンドされている。悲しいが,17ユーロで販売されていたエントリー・レベルのボロは,もうない。パラシオスの話の行間を読むと,バルデオラスの人気に伴い価格が高騰し,収量も増えている。彼にとって品質の良いブドウを合理的な価格で確保することは困難である(ボロは一部購入したブドウで造られていた)。ソルテ・アンティガは,2016年物が初ヴィンテージである。

◇ロウロ 2016:17の区画に植わるブドウを区画ごとに醸造。素晴らしいアロマ。フレッシュで活発な柑橘系の酸味と,ピュアなグリーン・フルーツの脂質を伴う美しいバランスがある。素敵なワイン。

◇ソルテ・アンティガ 2016:1920年に植樹された接木していない小区画のブドウに由来。パラシオスはブドウ畑を復活させ,生産できるまでに10年を費やした。「私にとっても感動的なワインだ」と彼は語る。ワイン・メイキングの過程でスキン・コンタクトを行う。非常に素晴らしいワイン。固く,主張の強い層,塩味の強い凝縮したミネラルが隠れている。驚くほどの余韻。。

◇アス・ソルテス 2015:熟れた豊かなメロンと桃,かすかにグリルしたナッツ。素敵でエレガントなミネラルと,最後に見事なグリップ。

◇アス・ソルテス 2016:最新ヴィンテージ。スター・ワイン。現時点では2015年物よりも活発でミネラル感がある。活気に満ちた酸度を支えるメロンやストーンフルーツ(種が石のように固い桃やプラム,アプリコット,ネクタリンなどを指す)が豊富。見事なワイン。

◇ソルテ・オ・ソロ 2015:単一畑のワイン。北向きで風が強い。1978年植樹。ハーブのノーズと凝縮された豊かな果実がミネラル感たっぷりの豪華な余韻を支える。傑出したワイン。
ザ・ドリンク・ビジネス-2017年2月27日
「VINATEROS ビニャテロス・テイスティングのハイライト」
・・・スペイン・ワイン専門家のルイス・グティエレスは,ラファエル・パラシオスのソルテ・オ・ソロ 2014年物を,《近代スペイン・ワイン史上最高の白ワインの1つ》と表現した。

パラシオスの古木ゴデーリョへのこだわりと,バルデオラスの貴重な花崗岩のテロワールは続いている。エントリー・レベルの“ボロ”からフラッグシップの単一畑“ソルテ・オ・ソロ”まで,彼のワインはブルゴーニュのようにエレガントで濃厚。ビニャテロスでは,“ソルテ・アンティガ 2016年物”のバレル・サンプルを出展した。樹齢97年のブドウ樹に由来し,現在バルデオラスで栽培されている高品質のゴデーリョのルーツである。ワインはすでに素晴らしい複雑さと凝縮感がある。2018年に発売予定。

*Vinateros ビニャテロス:英国を拠点とする7つの輸入業者によるテイスティング・イベント。スペインの26地方から地域や文化を反映させたオーセンティック(=本物)なワインを手がける50名の優れた職人ともいうべきワインメーカーがロンドンに集結。300種類ものワインがソムリエやバイヤー,レストラン経営者,ジャーナリストに披露された。
ザ・ドリンク・ビジネス-2016年5月10日
パラシオスが,スペイン最高の白を造った
・・・ロバート・パーカー・ドットコムが,ソルテ・オ・ソロ 2014年物を「近代スペイン・ワイン史上最高の白ワインのうちの1つ」と表現していることから。ラファエル・パラシオスは,スペイン最高の白ワインを造るという目標を達成した言えるべきだろう。

スペイン・ワインのテイスター,ルイス・グティエレスは,ソルテ・オ・ソロ 2014年物に97点を与え,「シェリーの古酒とリオハの伝統的な白ワインを除けば,スペインで生産された最高の白ワインだ。単純にこれ以上の白はない」とコメントした。

DO バルデオラスの単一畑に植わる樹齢41年のゴデーリョに由来するこのワインは,グティエレスがコメントしたように,「口内での素晴らしい優雅さ」,「見事な酸」,そして「驚くべきバランス」で広く知られている。

ラファエル・パラシオスの兄は,ワインメーカーズ・オブ・ザ・イヤー 2016のアルバロ・パラシオスである。ラファエルは,DO バルデオラス認定のゴデーリョを専門としている。

ロバート・パーカー・ドットコムの称賛は,ラファエルが「スペイン最高の白ワインを造る・・・」という目標を達成したとみなせる。

2015年7月のドリンク・ビジネス誌の記事にあるように,ワインメーカーである彼は,スペインの白のポテンシャルの認識を変えるワインを造る使命を背負っていると語っていた。
私の目標は,スペイン最高の白ワインを造ること。かつてアンヌ=クロード・ルフレーヴが,私の単一畑のゴデーリョを彼女のピュリニィ・モンラッシェのような味わいだと言っていたが,ブルゴーニュを目指しているわけではない。私が造りたいのは,スペイン・ワインだ。
と,パラシオスは語った。
私はゴデーリョを最大限表現することに尽力している。残念ながら,多くのスペイン人は,自国の白ワインのポテンシャルを信じていない。
グティエレスが97点を与えたソルテ・オ・ソロ 2014年物について,グティエレスは次のように語っている:
とても繊細で優雅だ。まさに,ことわざの“Iron hand in a velvet glove=衣の下の鎧/外柔内剛”。衝撃的な花崗岩に起因するミネラル。他のヴィんて0時にも感銘を受けていたが,この2014年は更に素晴らしい。ラファエル・パラシオスには何か特別なものがある。
ソルテ・オ・ソロ 2014年物は,単一畑の樹齢41年のゴデーリョに由来,キュヴェ名は標高750メートルのオ・ボロ自治体に位置する区画名に由来している。

この南西向きの小区画はビベイ渓谷にあり,年間を通して風通しが良く,細かい砂と石英片岩から構成されており,ワインに塩味を与える。

ブドウ樹はすべて手作業で念入りにケアが施され,剪定と収穫はバイオダイナミック・カレンダーに則って行われる。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2011年11-12月号』
◇2010 ロウロ・ド・ボロ  ★91点
・・・明るいイエロー・ゴールド。マンダリンや蜂蜜,ジャスミン,カモミーユなどのとても豊潤で広がりのあるブーケ。果樹園や果物の風味がジューシーな酸によって引き立てられ,蜂蜜とミネラルのノートを空気とともにとらえている。生き生きとした柑橘果実の果肉のノートが長く豊潤なフィニッシュに鮮明さを付け加えている。豊かさと快活さのブレンドといえるこのワインは感銘的である。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2010年11-12月号』
◇2009 ロウロ・ド・ボロ  ★91点
・・・淡い黄色の色調。魅力的に純粋で,柑橘類やしょうが,白胡椒,ミネラルなどが支配的に混じりあった鉱物質の香り。口中は驚くほど新鮮でダイナミック,香りと同じ味わいが感じられ,適度な重さを感じさせずに,生き生きとした印象を残す。優れた明快さと長い余韻とともに,力強いライムピールのノートが感じられるフィニッシュ。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2009年9-10月号』
◇2008 ロウロ・ド・ボロ  ★91点
・・・イエロー・ゴールドの輝く色調。ポシェした洋梨,干し桃,澱,蜂蜜などの深くスモーキーな香り。深く強烈に凝縮されていながらも,上品で生き生きとした柑橘類や果樹園の果実のフレーバー,タラゴンや新鮮なセージのノートが感じられる。空気に触れると深みが増し,歯ごたえが出て,フィニッシュは強烈な高揚感を与えてくれる。こってりした蟹か伊勢海老の料理と一緒に飲むことを勧める。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2008年9-10月号』
◇2007 アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”  ★93点
・・・緑に縁取られた黄金の色調。スパイシーなライム,マンゴー,蜜のアロマがほこりっぽいミネラルとジャスミンの香りによって輝きを放つ。快活で鋭くまとまった味わいは,空気に触れることで深みと濃厚さを増す。熟したメロンと苦味のある桃の種のような舌に残るフレーヴァーは,快活な印象をもたらす刺激的な酸によって支えられている。フィニッシュにはメロンのノートが繰り返され,力強いミネラルと花のニュアンスで締めくくられる。真剣なワインで,味わい深い食べ物と合わせるのに十分な複雑味を備える。

◇2007 ロウロ・ド・ボロ  ★92点
・・・少し濁りのあるシャルトリューズの色調。爆発的に香り高いノーズは,ミネラル主体のシトラスや洋梨のアロマに刺激的な花,燻したミネラル,白胡椒の香りが加わり,セクシーなブーケを有する。ジューシーな洋梨とライムの味わいが舌に残り,花の蜂蜜やチョーク,アニスなどのニュアンスによってエキゾチックな印象を受ける。そしてミネラルの特質はハッとするほどエネルギッシュで,長いフィニッシュまで広がっている。お見事。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2007年9-10月号』
◇2006 アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”  ★92点
・・・淡い黄色の色調。強いミネラル感によって快活さを増すスパイシーな柑橘果実,オレンジ,そしてメロンのアロマ。香りはまるでピュリニィ・モンラッシェのようだ。心地よい白桃と洋梨のフレーバーに続き,レモンの皮,スパイス,そして石灰のようなミネラルが表れる。驚くほどエレガントできれいな造りのワイン。数年の熟成に耐えうるバランスを持っている。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2006年9-10月号』
◇2005 アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”  ★92点
・・・霞んだ緑/黄金の色調。存在感のあるヨードのノートとミネラル,洋梨,りんご,タンジェリン・オレンジ,沢山のハーブのアロマを封じ込んだ驚くほど複雑なブーケ。このブーケならブルゴーニュのトップの白ワインと言われても納得してしまう。柑橘果実の味わいに秀でた豊かなミディアム・ボディのワイン。しかし,注目すべきはミネラルで,広がりのある長いフィニッシュに堂々と表れる。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2005年9-10月号』
◇2004 アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”  ★90+点
・・・少しフィルタリングされていないような濁った外観。柑橘果実やリンゴ,ブリオッシュ,ミネラル,フレッシュなハーブ,カンゾウ,ミント,そしてスパイスの複雑なアロマ。レモン,ハーブ,土,バターの魅惑的なフレーバーを備え,ワインは凝縮感があり,豊潤で骨格は硬い。まだ,熟成が足りない印象。すぐに飲む場合はデカンターをお勧めする。2004はアルバロ・パラシオスの弟がリリースした初めてのヴィンテージ。今後注目すべきプロジェクトである。






『ワイン・スペクテーター/2007年6月15日号』
◇アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”(評価:2005VT)
★92点
・・・『ワイン・スペクテーター』が選ぶ,<Wine Spectator's Top 100 at g glance/ワイン・スペクテーターが選ぶ2007年トップ100>に2005VTが選出。←PDF閲覧可能
『ワイン・エンスージアスト』
◇アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”(評価:2005VT)  ★17点
・・・ラファエル・パラシオスは,彼のバルデオラスのワイナリーを2004年から始め,ごくわずかな間に高品質のワインのリーダーとしての名声を確立した。ゴデーリョ100%から造られる彼のアス・ソルテスは,乾いて痩せた土壌のブドウ樹に由来している。ワインはリッチで,ドライ・フルーツや豊満な樽の風味とフレッシュ感を備え,燻した胡桃を思わせるフィニッシュがある。素晴らしいブルゴーニュ・スタイルのワイン。
ジャンシス・ロビンソン・ドット・コム
 ラファエル・パラシオスは,スペインの白ワインがますます重要で,興味深いものになっていることを雄弁に証明してくれた。冷涼で湿気の多い北西部ガリシア地方のアルバリーニョは確かに清々しく,めったにないお買い得品だ。しかし,ラファエル・パラシオスは近接するバルデオラスで素晴らしい成果をもたらす仕事を成し遂げた。トップ・ワインの“アス・ソルテス”は決して手頃ではないが,今すぐ味わうには,スタンダード・キュヴェの“ロウロ・ド・ボロ”で十分満足である。
◇アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”(評価:2005VT)  ★17/20点
・・・とても淡い色調。滑らかな果実味支えられたグリーンで快活でスパイシーな味わい。ミネラルに溢れており,衝撃的。





『ギア・ペニン(ペニン・ガイド)/2008年版』
◇2006 アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”  ★94点
・・・麦わらの色調。乾いた石やリン,スモークの力強い表現力に富み,エレガントなアロマを持つ。酸に縁取られ,繊細で果実味に溢れ,フレッシュで味わい深い。






『シバリタス』
◇アス・ソルテス“バル・ド・ビベイ”
・・・スペインで最も権威のあるワイン雑誌,『シバリタス/SIBARITAS』でも,“Vino para la Historia=歴史に残るワイン”として,アス・ソルテスが写真付(表紙)で紹介されました。




『ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス/2008年6月号』
フランスのワイン専門誌『ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス/2008年6月号』に掲載された《スペインワインの黄金時代》という特集記事のなかで,ラファエル・パラシオスのアス・ソルテスが,ピングス,ベガ・シシリア,テルマンシア,ビーニャ・エル・ピソン,アウルス,アアルト,シルシオンなどとともに「偉大なスペインワイン」として大きく紹介されました。

・・・ラファエル・パラシオスは,ゴデーリョ100%のバルデオラスのワインとともに大胆な手を打った。品格があり,焙煎とミネラルの香り,そしてハチミツやドライ・フルーツ,ライチを思わせるタッチを持つ大変個性的な白ワインだ。口中は非常にバランスが取れ,とても良く熟した白い果物を思わせる味わいで,そのなかに柔らかさもしっかりとある。そして真っ直ぐなフィニッシュ。これは,スペインの白ワインの名声にとって,未来を約束された大成功のワインである。




『ヴィノテーク346(2008年9月)号』
・・・白ワインのシンデレラ産地,バルデオラスの注目生産者として,ラファエル・パラシオスが大きく紹介されました。PDF閲覧可→




『料理王国/2008年12月号』
・・・<特集:スペインワイン紀行/注目のエリアを訪ねて>のなかで,ラファエル・パラシオスが紹介されました。←PDF閲覧可




『YOMIURI ON LINE
/2011年7月4日』
・・・ラファエル・パラシオスのアス・ソルテスが,2011年7月4日のヨミウリオンラインに大きく掲載されました。
PDF閲覧可→

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.