Dezaley Grand Cru AOC, Haut de Pierre, Vieilles vignes 2018
デザレー・グラン・クリュ オ・ド・ピエール ヴィエイユ・ヴィーニュ 白 2018
ワイン名:オ・ド・ピエール
ヴィエイユ・ヴィーニュ 白
原産国/地方:スイス/ラヴォー
原産地呼称:デザレー・グラン・クリュ
品種:シャスラ100%
土壌:土壌はカルカソルCalcasolとも呼ばれる、古くからある石灰岩。砂岩質の堆積層からなる泥灰土で、その土質は比重が大きい。
平均樹齢:40年
植栽密度:1ヘクタールあたり8,000本
生産量:1ヘクタールあたり45ヘクトリットル
アルコール度数:12.5%
サービス:10〜14度

 ドメーヌのフラッグシップ。ドメーヌで最も貴重で価値のある、有機農業・オーガニック認証を受けているグラン・クリュ。力強く粘性の高いシャスラ。単一区画内にある平均樹齢40年のブドウ樹由来。テロワールの力強さとうまく組み合わさった熟成香が訴えかけてくるワイン。

*醸造
 ブドウは手摘みで収穫。除梗せず、伝統的製法に則って発酵および熟成。空気圧式圧搾機で60分圧搾、自動温度調節機能付きステンレスタンクでアルコール発酵(17度)。発酵後浸漬、バトナージュなどは行わない。自動温度調節機能付きステンレスタンクで9ヵ月熟成。熟成中、澱引きを2回行う。清澄およびペーパーろ過が施される。2018年物は2019年6月18日に瓶詰。

*2018VTへの当主コメント
 2018年は、ここ10年で最高気温を記録した4度目の年でした。世界中で気候が温暖化していますが、気温はどこまで上がるのでしょうか。とはいえ、2017年から18年にかけては、雪と寒気で理想的な冬でした!自然にとっては、体力を回復するための良い休息だったでしょう。春は暖かく湿度もあったので、植物は通常よりも早く芽吹きました。ブドウ栽培者にとっては、4月から9月までは大切な時期です。2018年は2003年よりもさらに暑かったです!雨はほとんど降りませんでした。ブドウ畑は「喉が渇いた!」と悲鳴を上げているようでした。2018VTのワインは生意気な君主のようであり、アルコール度数は今までで最も高く、アロマの濃縮度も今までで最も高いです。シャスラが地中海性の品種であることが分かるワインです。口に含めると、喜びとスパイスに溢れた世界が広がります。
2018年の収穫は9月10日に始まり、9月中に終わりました。


 オ・ド・ピエールのサウンドロゴ(約2分)配信中!当主が、ドメーヌやオ・ド・ピエールのフランス語で解説。





*オ・ド・ピエールをオンリストしているレストラン
ミシュラン三ツ星★★★
- ロテル・ド・ヴィルL’Hotel de Ville(ヴォー州クリシエCrissier)
ロテル・ド・ヴィルは、世界ナンバーワンのレストランといっても過言ではないだろう。プライベートジェットを所有できるような読者向けのライフスタイル雑誌である『Elite Traveler』が、2019年にその読者を対象として行った世界のレストラン・トップ20では、ロテル・ド・ヴィルが見事1位を獲得!同ランキングには、もちろんフランスの有名なレストランも載っている。アルページュArpegeは18位、ピエール・ガニェールPierre Gagnaireは14位、そしてギー・サヴォワGuy Savoyは8位(いずれもパリ、ミシュラ三ツ星)だが、そうした有名レストランを抑え、世界ナンバーワンの座を占めるのがロテル・ド・ヴィルだ。

ミシュラン二ツ星★★
- ル・ポン・ド・ブランLe Pont de Brent(ヴォー地区)

ミシュラン一ツ星★
- ル・ペロールLe Perolles(フリブールFribourg)
- レ・ザトリエLes Ateliers(ヴヴェイ)
- ローザンヌ・パレスLausanne Palace(ローザンヌ)