Pernand-Vergelesses AOC, Rouge/ペルナン・ヴェルジュレス 赤 2017
*ワイン名:ペルナン・ヴェルジュレス 赤 *原産国/地方:フランス/ブルゴーニュ地方
*格付け:AOC
*ブドウ品種:ピノ・ノワール(平均樹齢36年)
*植樹比率:1万本
*年間平均総生産量:約3,400本
 (2007年にコルゴロワンとペルナン・ヴェルジュレスに区画を取得。2008ヴィンテージから手がける3キュヴェのうちの1つ。)
 ペルナン・ヴェルジュレスのクリマ,ス・レ・クルー/Sous Les Clouxのなかの区画(栽培面積トータル0.54ヘクタール)から生まれるワイン。平均樹齢36年,植樹比率1万本,年間平均生産量約3,400本。

 80-90%除梗し,自然酵母のみでステンレス・タンクで発酵。発酵期間は約12日間。この間,1日1回のルモンタージュと1日2回の櫂入れを行う。アルコール発酵終了後,引き続き約2日間の果皮浸漬を行う。発酵を含むキュヴェゾンの期間は約14日間。圧搾後,アリエ産バリック(うち新樽10%)でマロラクティック発酵と熟成を行う。熟成期間は15ヶ月。樽はフランソワ・フレール社製で,焼きはミディアム。熟成はシュール・リーの状態で行い,アッサンブラージュの後,無清澄で瓶詰め。

『インターナショナル・ワイン・セラー/2011年7月号』掲載のコメント
・・・ミディアム・レッドに輝く素晴らしい色合い。バラの花びらのノートによって引き立てられたマラスキーノ・チェリーとシナモンの猛烈に熟した香り。チェリーやラズベリーの豊潤でしっかりとした核とともに,エネルギッシュなミネラルによって輝くように甘く,豊満できめ細かい。ヴィンテージの華やかな成熟度がトップを越えることなく表現されている。広々として,埃っぽいタンニン,余韻の長いスパイス香とレッド・フルーツのノートとともにフィニッシュを迎える。単なるブルゴーニュ・ルージュでも30ドルを使うことを考えれば,とてもお買い得なわいんである。  ★91/100点(評価:2009年物)