Pecorino Pasetti DOP, Bianco
ペコリーノ“パセッティ” 白 2015
*ワイン名:ペコリーノ“パセッティ” 白
*原産国/地方:イタリア/アブルッツォ州
*原産地呼称:DOP ペコリーノ
*ブドウ品種:ペコリーノ
アブルッツォの土着品種,ペコリーノに由来する
強い伝統を完全に反映した絶対に見逃せないワイン


グラン・サッソの麓,ペスコザンソネスコ(海抜550m)及びカペストラーノ(海抜450m)のペコリーノに由来。昼夜の寒暖差が大きく,風が強い。岩が多く,下層に石を多分に含む粘土石灰質土壌で構成される。

植樹は1haあたり5,200本で,100キンタルに相当。2箇所で栽培されたブドウを使った結果,ペスコザンソネスコのテロワールはストラクチャーと長命,カペストラーノは気品と新鮮さ,そしてミネラルをワインにもたらす。

収穫は9月上旬。18-24時間かけてクリオ・マセレーションを行い,圧縮した果汁をステンレス・タンクに移し,10-13度で発酵。引き続き2ヶ月シュール・リー熟成を行い,瓶詰め後さらに3ヶ月瓶熟。

*コメント
外観は輝きのある麦藁色。エルダーベリー(ニワトコ)やグレープフルーツ,イエロー・フルーツのアロマを伴う。ワインの酸味とフレーバーがしっかりとしたストラクチャーと余韻,素晴らしい丸みと入り混じる。

カルパッチョやコールド・カット(ハム,ソーセージ),ホワイト・ラザニア,リゾット,チーズとともに。サーヴィスは8-10度で。




*ペコリーノ:
アドリア海中央部の土着品種で,発祥地はマルケ州南部のアルクアータ・デル・トロントの山岳部といわれる。早熟で糖・酸がしっかりとのり,皮が薄く繊細で,収量が少ない。9月には収穫できることから,羊(=Pecora ペコーラ)たちの季節移動の時期と重なり,羊が好んで食べたとか,羊飼いが世界最古のチーズとされるペコリーノ・チーズを売り歩きながらブドウの苗木を売っていたとか,名称の由来には諸説ある。


*各誌の評価
『ヴィノス(2016年7月)』  ★89/100点(評価:2015年物)
深みのある麦藁色。ベイ・リーフやセージがなし,黄リンゴのアロマを複雑にする。続いて新鮮で長く,熟れたフルーツとハーブのフレーバーが口中を覆いつくす。余韻が長く,塩味も感じられる。