HOME >> 生産者情報 >> ファットリア・ニッタルディ(イタリア/トスカーナ州) 

↓INDEX↓
ファットリア・ニッタルディの
歴史
--------------------
エノロゴ,
カルロ・フェリーニとの
コラボレーション
--------------------
カステリーナ・
イン・キァンティ
--------------------
商品ラインナップ
--------------------
ネクター・デイ
IGT マレンマ 赤

Nectar Dei IGT Maremma/ネクター・デイ(マレンマ) 赤


カルロ・フェリーニの造る新スーパー・タスカン、
“ネクター・デイ”誕生までの経緯

 当主ペーター・フェムフェルトがマレンマ地区に37ヘクタールものブドウ畑を購入したのは1999年のこと。ワイン造り以外では芸術に大変造詣が深い当主は,その1年前,ワインにもさらなる芸術性=Creativityを求め,DOCG キァンティ・クラッシコの規定を離れてより自由な発想で新しい芸術的なワインを生みたいと考えるようになった。そして,この構想を親交の深いカルロ・フェリーニに持ちかけ,二人は意気投合。新しい芸術的なワインを創造するための土地探しを二人三脚で行うことになったわけである。「良いワインは秀逸な畑からしか生まれない」という哲学を持つカルロ・フェリーニは,得意の科学的分析で土壌組成を調べるだけではなく,土の匂いを嗅ぎ,土を手のひらにのせて触り,味をみる(!)という作業を繰り返し行った。そして1年後の1999年,二人が納得する完璧な区画“モンジベッロ・デッレ・マンドルライエ Mongibello delle Mandorlaie”を探し当てたのだ。その直後,テロワール独自の味わいを持つワインを造るために,メルロー,カベルネ,シラー,アリカンテ,プティ・ヴェルド,タナという多様なブドウ樹を植えた(現作付面積11ヘクタール)。そして6年後の2003年に,ファットリア・ニッタルディから待望のスーパー・タスカン“ネクター・デイ”がリリースされる運びとなった。それは,巨匠カルロ・フェリーニの醸造技術,当主フェムフェルトの情熱と努力を惜しまない意思,そしてマレンマ最高のテロワール“モンジベッロ・デッレ・マンドルライエ”の力の全てが完璧に融合した最高傑作となっている。

マレンマ地区
モンジベッロ・デッレ・マンドルライエ畑  トスカーナの新興ワイン産地と言えば,キァンティ・クラッシコ地区の西,ティレニア海に面した西部海岸地域。北にはサッシカイアで有名になったボルゲリ地区があり,その少し南のスヴェレート地区ではトゥア・リータがメルロー100%のワインで大成功を収めた。さらに南下すると,今,最も注目を浴びるスカンザーノを中心とするマレンマ地区がある。この地区は標高が高く比較的涼しい。また,土壌は他にないような酸性土壌で,ブドウが比較的容易に成熟するといわれている。そして“ネクター・デイ”はこのマレンマ地区の最高区画“モンジベッロ・デッレ・マンドルライエ Mongibello delle Mandorlaie”で収穫される完熟ブドウから造られている。
*画像:緩やかな傾斜のモンジベッロ・デッレ・マンドルライエ畑

モンジベッロ・デッレ・マンドルライエのデータ

【面積】37ヘクタール(現在の作付面積は11ヘクタール)
【標高】300メートル
【向き】
【斜度】7度
【地質】小石混じりの砂質土壌/中〜弱酸性
【植樹比率】1ヘクタール当たり6,700本
【仕立て方法】コルドン
【植樹品種】カベルネ(3ha),サンジョヴェーゼ(3ha),メルロー(1ha),
シラー(1ha),アリカント(1ha),プティ・ヴェルド(1ha),タナ(1ha)



←トスカーナ,マレンマの地図
青い印がモンジベッロ・デッレ・マンドルライエの位置


↓モンジベッロ・デッレ・マンドルライエの区画図。
オレンジの枠内は2008年に植樹した畑。左からプティ・ヴェルド1ha,サンジョヴェーゼ0.4ha,サンジョヴェーゼ4ha,カベルネ・フラン0.6ha。まだ若木のため,ワインにはなっていない。
青の枠内は1999年に植樹した最高区画。左からカベルネ・ソーヴィニヨン2.2ha,メルロー1ha,シラー1,2ha,アリカンテ0.6ha,プティ・ヴェルド1ha。
オレンジと青の間の区画は2001年植樹。左からサンジョヴェーゼ2ha,アリカンテ1.9ha,カベルネ・ソーヴィニヨン0.4ha,プティ・ヴェルド0.7ha。




痩せたモンジベッロ・デッレ・マンドルライエ畑の土壌はブドウ樹にストレスを与える。根は養分を求め地中深くまで張り,収量は減る。その結果,果実味の凝縮したブドウができる。実際,モンジベッロ・デッレ・マンドルライエの収量は,1ヘクタールあたり18hlと超低収量である。品種が複雑に植えられているのは,カルロ・フェリーニが地質の独自性を鑑み,その微妙な変化に合わせて最適品種を選出した結果である。
5月初夏の剪定後
5月初夏の剪定後
5月初夏の剪定後
5月初夏の剪定後

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.