HOME >> 生産者情報 >> ヴィニョーブル・ラトルス(フランス/ボルドー地方) 
↓INDEX↓
概要
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
各誌評価
--------------------


◆概要◆

◆生産者:Les Vignobles Latorse/レ・ヴィニョーブル・ラトルス
◆当主:Lionel & Karine Latorse/リオネル・エ・カリーヌ・ラトルス
◆場所:Entre-deux-Mers, La Sauve/アントル・ドゥ・メール地区ラ・ソーヴ
◆栽培面積:40ヘクタール(赤)/17ヘクタール(白)
◆標高:80メートル
◆土壌:ケイ素質の粘土土壌
◆平均樹齢:30年
◆醸造コンサルタント:オリヴィエ・デュモン

ヴィニョーブル・ラトルスは,アントル・ドゥ・メールの中心から30キロの場所に位置し,50年以上,3世代続くシャトー。ボルドーに120ヘクタールの畑を所有し,伝統と技術革新を融合した葡萄栽培と醸造を行っている。長年に渡りミシェル・ロランとコラボレーション。現在は,ペトリュスのジャン・ムエックス社と共同でウィスキーの製造に乗り出した大手ワイン&スピリッツのアレクサンドル・シレッシュ社でエノログを務める,オリヴィエ・デュモンがコンサルタントを務め(2010年~),品質向上を追及し続けている。
葡萄の平均樹齢は25~30年で,地質は区画により粘土や珪素,粘土石灰などに分かれている。メルロー,カベルネ・ソーヴィニョン,カベルネ・フランが赤ワイン向けの主要品種で,白ワインはセミヨンとソーヴィニョンに由来している。
また,ラトルス家は,サンテミリオン・グラン・クリュのアペラションにおいて,著名なシャトー・モンブスケの隣に位置するクロ・サン・ヴァンサンも所有してワイン造りを行っている。
◆各キュヴェの詳細◆
Vieux Chateau Lamothe, AOC Bordeaux, Blanc
/ヴュー・シャトー・ラモット 白 (AOC ボルドー)2018/2019
Vieux Chateau Lamothe, AOC Bordeaux, Rouge
/ヴュー・シャトー・ラモット 赤 (AOC ボルドー)2018 ==>> 詳細はこちら
◆各誌評価◆
『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン2015年版』

2013ヴュー・シャトー・ラモット 白 1ッ星
ヴィニョーブル・ラトルスは現在3代目当主が120ヘクタールの広大な畑を所有し,アペラシオン・レジオナルでいくつかのエチケットでワインを生産している。粘土砂質土壌から生まれるソーヴィニョンとセミヨンのアッサンブラージュのワインは,すぐにその並外れたアロマと複雑味(お香,白桃,柑橘類)が感じられる。アタックは活き活きとしていて,口中は粘性と酸味のバランスがきれいに取れている。

『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン2011年版』

2008ヴュー・シャトー・ラモット 赤
ラトルス一族の3代目に当たるパトリックとジャック,そして彼らの甥にリオネルとダヴィッドが,この広大なドメーヌを継続を保証している。カベルネにメルローをブレンドしたこの2008年物は,ルビー・レッドに輝き,熟したレッド・フルーツと,甘草のフレッシュなニュアンスを提供してくれる。柔らかくで美味なアタック。味わいは,まだ若いタンニンに引き立てられた豊かな果実味が余韻に残る。タンニンが溶け込むまで2年ほど寝かせたい。

『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン2010年版』

2008ヴュー・シャトー・ラモット 白
ドメーヌは1948年から続く。現在3代目で,葡萄畑はリュット・レゾネで栽培され,面積は125ヘクタールに達している。このボルドー・セックは,金色がかった黄色に緑のニュアンスが混じった色調で,花や白い果肉の果物,キウィやライチなどのエキゾチック・フルーツなどが混じった豊潤な香りを発散する。バランスがある味わいで,柔らかく素直なアタック,上品なマティエールと強烈な果実味。過剰でなく,とても生き生きとしている。


Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.