HOME >> 生産者情報 >> ドゥレイ・フレール(フランス/ブルゴーニュ地方) 
↓INDEX↓
ドメーヌの概要
--------------------
赤ワインの醸造
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
評価など
--------------------
◆評価など◆



『デカンター/2018年11月号』

ティム・アトキンMWが感銘を受けた
    グレート・ヴァリュー ブルゴーニュ赤 トップ32

2015 マルサネ“レ・シャン・ペルドリ” 赤 91点
 軽んじられるアペラシオンだとしても,これは上等な2015年物。威厳がありリッチで僅かに肉の風味がある。非常にスタイリッシュにオークを用い,威厳のあるタンニンの背骨が今後のさらなる進化と喜びを約束している。ベリーの果実が素晴らしく凝縮し,長く満足の行く余韻。2018〜2022が飲み頃。




『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン/2018年版』
2015 マルサネ“レ・シャン・ペルドリ” 赤
 1981年以降,ドゥレイ家はブルゴーニュ公爵よりブルゴーニュ市にあるクロ・デ・マルクドールのメタイエ(小作人)という誇り高き資格を与えられている。AOCマルサネの村のひとつクシェイに18haのブドウ園を営む。2013年には息子のピエールとシュザンヌが両親の元に加わった。マルサネ・レ・シャン・ド・ペルドリのクリマはフィサン側のアペラシオンで南の高緯に位置するテロワールをもつ2.6ha。香りはブラックベリーとサクランボを彷彿とさせる。味わいはよいボリューム感と引き締まったストラクチャーに,バランスが取れている。樽がよく溶け込んでいるのがはっきりと分かる。







『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン/2017年版』
2014 フィサン“レ・ゼルヴレ”1級 赤
 フレッシュなヴィンテージ2014には,小さな赤い果実のノートと,シルキーなタンニンと上品な樽の香りが現れている。全体的に調和が取れている。






『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン/2012年版』
2009 クロ・デ・マルク・ドール
 ドゥレイ兄弟は,わずか0.40ヘクタールの区画に,1981年に復元された“クロ・デ・マルク・ドール”におけるワインの生産をディジョン市から委託されていることを誇りに思っている。このとてもエレガントな2009年物が審査員に評価されたことにも喜んでくれるに違いない。香辛料に白い花や果物などが混じりあった香り。やや酸があるが,味わいはフレッシュ感によって並外れている。まろやかさと快活さとのあいだで素晴らしいハーモニーが取れている。今,直ぐに甲殻類の料理と一緒に楽しむことができる。




『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン/2011年版』
2008 フィサン“レ・ゼルヴレ”1級 赤
 ピエール・ドゥレイの父と叔父のモーリスは,マルサネのアペラションの創設者に数えられる。特にマルサネのアペラションを,ディジョンのディベロッパーの不動産圧力から守ってきた。しかし,造り手は慎ましく,何も誇りにしていない。彼は,自分の宿命はブドウを植え替えて,20歳の息子に継承することであるということを思い出して,満足していた。この慎ましさは一貫して選出されているフィサンに感じられる。香りは木イチゴなどのレッド・フルーツやボタン,スミレなどの花を連想させ,上品で繊細な味わいは他の1級畑よりも砂利が少なく,ゆるやかな勾配に位置し,よりしなやかでまろやかなマティエールを備える“レ・ゼルヴレ”の典型である。バランスの取れたビロードのようなワイン。向こう2年のあいだに味わいたい。



『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン/2010年版』
2006 フィサン“レ・ゼルヴレ”1級 赤
 「慎ましく,上品」。フィサンの典型的な特徴ではないかもしれないが,2007年のようなヴィンテージにおいては,醸造における謙虚さは報われる計画だった。力不足は,ここでは即座に喜びとなっている。レッド・フルーツの香りと味わい。しなやかなタンニンに包まれた肉質。まったくバランスが取れていて柔らかく,今すぐ,あるいは向こう3年のあいだに味わえるワイン。






『ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン/2009年版』
2006 フィサン“レ・ゼルヴレ”1級 赤
 ドゥレイ一族は,ディジョンの町のマルク・ドールの畑を分益耕作している。緋色の色調に薄紫色の反射。カシスやスパイスの風味が顕著だが,素晴らしい余韻。2006ヴィンテージは,“レ・ゼルヴレ”に適したヴィンテージ。しなやかで丸みがあり,中庸な濃度。







『ル・ギド・デ・ヴァン・ド・ブルゴーニュ
/2005-2006年版』
2001 ブルゴーニュ  モーリスとアルベールの兄弟が,現在20ヘクタール近くに広がったドメーヌの発展の起源である。現在は,ピエール・ドゥレイがドメーヌを運営し,ジュヴレィ・シャンベルタンからマルサネ,フィサンにかけて根をおろしている。
 上品な金色のローブ。パイナップルやパッション・フルーツなどの熟した果物を思わせる心地よい香り。味わいには素晴らしいフレッシュ感があり,口中のまろやかさを補っている。

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.