HOME >> 生産者情報 >> ドメーヌ・デ・ゾビュイジエール(フランス/ロワール地方) 

↓INDEX↓
ドメーヌ概要
--------------------
各キュヴェの詳細
「全世界の白ワインのなかで、
これ以上に価格と品質のバランスが
優れたワインがあるならぜひ教えて欲しい!」
ロバート・パーカー談

◆ドメーヌ概要◆

ヴーヴレのトップ生産者として直ぐに名前が挙がるのが、ドメーヌ・ユエとクロ・ノーダン(フィリップ・フォロー)だ。

しかし、日本ではあまり知られていないが、この2つのドメーヌと並び、ヴーヴレの最高峰ドメーヌとして広く認知されている蔵元がある。それが、ベルナール・フーケ Bernard Fouquet が当主を務めるドメーヌ・デ・ゾビュイジエール Domaine des Aubuisieres だ。

2008年10月に発売されたロバート・パーカーの『ワイン・バイヤーズ・ガイド 第7版』においても、このドメーヌ・デ・ゾビュイジエールはロワールの生産者として、故ディディエ・ダグノー、フランソワ&パスカル・コタと完全同格の5つ星に格付けされている。しかも、「全世界の白ワインのなかで、これ以上の価格と質のバランスが優れたワインがあるならぜひ教えて欲しい!」とまで絶賛されている。

また、ミシュラン2つ星のル・ピュイ・サン・ジャック(トゥールーズ)や、ブルターニュきってのリゾート地であるラ・ポールの高級ホテルに併設されたレストランであるル・カステル・マリー=ルイーズ(1つ星)、リヨンのレストラン・ジャン・ブルイィ(1つ星)など、フランス国内の星付きレストランが採用している。

ドメーヌは2013年にアペラション・ヴーヴレの粘土石灰質土壌のなかで最良のテロワールの1つとみなされているル・プティ・クロ Le Petit Clos の2ヘクタールの区画を新たに購入。現在、粘土石灰質及び粘土ケイ素(シレックス)土壌に8区画30ヘクタールのブドウ畑を所有し、シュナン・ブランを栽培している。
 *粘土石灰質:ル・マリニィ Le Marigny、ル・ブシェ Le Bouchet、ル・プラン・ド・ジャン Le Plan de Jean、ル・クロ・ド・ロベルディエール Le Clos de l'Auberdiere、ル・プティ・クロ Le Petit Clos

 *粘土ケイ素(シレックス)土壌:レ・ジラルディエール Les Girardieres、レ・ペリュシュ Les Perruches、レ・シェール・サレ Les Chairs Salees
すべての畑で恒常的に下草を生やし、リュット・レゾネを実践している。


醸造に就いては、手摘みで収穫したブドウをダイレクト・プレスの後、果汁の酸化を避け、二酸化硫黄の添加量を少なくするため不活性炭酸ガスを充満させたタンクでデブルバージュ(前清澄)を行う。その後、キュヴェに応じて温度管理機能付のステンレス・タンク、若しくは容量400リットルのオークの大樽で発酵。

セックのル・マリニィ、そしてモワルーのすべてのキュヴェは、容量400リットルのオークの大樽で。その他のセックのキュヴェとドゥミ・セック、スパークリング・ワイン向けのキュヴェは、すべて温度管理機能付のステンレス・タンクで発酵を行う。発酵終了後、引き続き発酵と同じ容器を用い、シュール・リーの状態で熟成させる。さらに、セックはステンレス・タンクで熟成させているキュヴェにはルモンタージュを、樽で熟成させているキュヴェには定期的にバトナージュを施す。

◆各キュヴェの詳細◆
Vouvray Sec Cuvee de Silex AOC, Blanc
/ヴーヴレ・セック キュヴェ・ド・シレックス 白 2020 ==>> 詳細はこちら
Vouvray Sec Le Marigny AOC, Blanc
/ヴーヴレ・セック ル・マリニィ 白 2019 ==>> 詳細はこちら
Vouvray Demi-Sec Les Girardieres AOC, Blanc     *参考品*
/ヴーヴレ・ドゥミ・セック レ・ジラルディエール 白 ==>> 詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.