HOME >> 生産者情報 >> スラ・ヴィンヤーズ(インド) 

↓バナーをクリックしてください↓

↓INDEX↓
スラ・ヴィンヤーズ概要
--------------------
スラ・ヴィンヤーズCEO
ラジーヴ・サマント
--------------------
スラ・ヴィンヤーズ
総括コンサルタント
ケリー・ダムスキー
--------------------
テロワールについて
   ・土壌
   ・天候
   ・水
   ・ディンドリ
   ・堆肥
   ・水量調整
   ・環境保全型農業
   ・害虫駆除&薬品調整
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
メディア・リスト
--------------------
世界で最も
エキサイティングな
インド・ワイン・マーケット
(2018年8月19日))
--------------------
スラ・ヴィンヤーズ訪問記
(2017年2月)
--------------------

Sommelier INDIA
パーソン・オブ・ザ・イヤー
受賞
2016年11月号
--------------------

Domani 2014年7月号で
シラーズと
スラ・ロゼ“ブリュット”が
掲載されました!
--------------------


 2017年2月,ムンバイから北東に180kmのナシクにあるスラ・ヴィンヤーズを訪問しました。
 インドでは1-3月にブドウの収穫期を迎えるのですが,訪問した2月初頭は“Sula Fest スラ・フェス”が開催されており,収穫は一時的にお休み。ちなみに,2月4日までにソーヴィニヨン・ブランの収穫は終了し,リースリング,シュナン・ブランは1週間後,黒ブドウは2-3週間後に収穫を行うとのことでした。

 “スラ・フェス”は,2008年に始まったグルメとワールド・ワイドなミュージック・フェスで,ナシクにあるスラ・ヴィンヤーズで3日間にわたり開催されます。スラはワイン・ツーリズム・ヴェンチャーの一環として,ナシクにあるワイナリーにテイスティング・ルームをはじめ,“Little Italy リトル・イタリー”と“Soma ソーマ”の2軒のレストラン,35部屋を擁する“Beyond by Sula ビヨンド・バイ・スラ”,そしてギリシャ様式の円形シアターを展開しています。フェスの参加者はワイン・テイスティングのアクティビティに興じ,ナシクの大地を包む熱狂的な音楽に身を任せ,ドリンクやフードを楽しむことができます。  ← ディンドリのシュナン・ブラン


 今回,賑やかな“スラ・フェス”の合間を縫って,ナシクのワイナリーから車で1時間ほどの場所にある“Dindori ディンドリ畑”を見学しました。ナシクのサブ・ディストリクトは絵のような美しさで,赤いラテライトと玄武岩からなる穏やかな丘陵地(標高700m)です。ディンドリには100haの自社畑と900haの契約畑があります。きれいな空気とモンスーンがもたらす大量の雨,そして冷涼な気候は黒ブドウの栽培に適していて,カベルネ・ソーヴィニヨン,シラーズ,ジンファンデル,マルベック,そしてテンプラニーリョが栽培されています。スラのプレミアム・ワイン,すなわち,ラサ・シラーズ,ディンドリ・リザーヴ“シラーズ”,ディンドリ・リザーヴ“ヴィオニエ”は,ブロック66と呼ばれるディンドリのなかでも標高が高く,条件の良い畑のブドウから造られるのです。

 
↑  左より,ディンドリのカベルネ・ソーヴィニヨン,シラーズ  ↑

 最初に触れたように,ブドウの収穫期は1-3月です。3月末のモンスーン後にもう一度ブドウの実がなりますが,収穫は行いません。再びモンスーンが来て,収穫用のブドウは成長期を迎えます。病気が見つかった場合,病気の恐れがある場合に限定してボルドー液を一部分だけに使うことがあります。収穫前の2ヶ月はボルドー液を使用しません。

 そして,スラ・ヴィンヤーズを創設時から支えるコンサルタント,ケリー・ダムスキーは年に3回インドに来て,1週間ほど滞在します。普段は,メールや電話でのやり取りによってアドバイスを受けています。

 昨年(2016年)12月にはテンプラニーリョの植樹に着手しました。3-4年後にワインを造る予定です。また,来年にはシャルドネ100%のスパークリングのリリースが控えています。

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.