HOME >> 生産者情報 >> ドメーヌ・クレ・ド・サン・トマ(フランス/ローヌ地方) 


ドメーヌについて
クレ・ド・サン・トマ
ドメーヌ名の由来
栽培品種
栽培について
テロワール
醸造
各種ガイドの評価
商品のラインナップ

*ドメーヌについて*


 アヴィニョンで建築業を生業とする美食家のPhilippe Kessler フィリップ・ケスラーは,ワイン好きが高じ,コトー・デクサン・プロヴァンスのChateau Carissanne シャトー・カリッサンヌを2001年に購入,当主になった。醸造所の近代化,ブドウ畑の再編を行った後,その経験を活かし,2006年にシャトーヌフ・デュ・パプのDomaine des Relagnes ドメーヌ・デ・ルラーニュを購入,Domaine Clef de St. Thomas ドメーヌ・クレ・ド・サン・トマと命名した。

 当時,畑は修復が必要な状態で,一部のブドウ樹の植替えを行い,栽培品種の研究を行った。その結果,白ブドウの栽培面積が1ヘクタール以上に及ぶことが判明,現在では2つのシリーズで希少なシャトーヌフ・デュ・パプの白をラインナップしている。

 あいにく,フィリップは2008年に急逝。現在は妻のSophie Kesseler-Matiere ソフィー・ケスラー=マティエールがシャトー・カリッサンヌとドメーヌ・クレ・ド・サン・トマの当主を務める。

 栽培と醸造は,ボルドーやローヌ,プロヴァンスで20年以上のキャリアを積んだChristophe Barraud クリストフ・バローが指揮を執る。醸造コンサルタントには,パーカー・ポイント100点満点を8度獲得したシャトーヌフ・デュ・パプのクロ・サン・ジャンを筆頭に,100点満点2回のレ・カイユ,1回のクロ・デュ・カイユ,同じく1回のサン・プレフェなど,南ローヌを本拠に実に40以上のドメーヌのコンサルタントを務める《パーカー・ポイント1,200点満点》の天才敏腕醸造家のPhilippe Cambie フィリップ・カンビを迎えている。

 ドメーヌでは,若いうちから楽しめるシリーズ,“ピエール・トゥルペル”,そしてワイン・アドヴォケイトで90点台を獲得,コンクールでも度々金賞を獲得するシリーズ“クレ・ド・サン・トマ”を手がけている。年間生産量は3万本。ヨーロッパ諸国を中心に総生産量の15%を輸出している。

*クレ・ド・サン・トマ,命名の由来*

 St. Thomas 聖人トマは,キリストの十二使途の1人。その感覚は誤ることがなく,目覚め,現実に開かれている。聖人トマは,官能と生きる豊かさを解く鍵=Clef, クレを握っている。美と創造の世界への鍵を手にすることのできるドメーヌのヴィニュロンを最も良く例えており,シャトーヌフ・デュ・パプのドメーヌの醸造家にとっても,最高のシンボルとなっている。

 また,当主ソフィーの息子,Thomas トマに,今後ドメーヌの「鍵」が引き継がれていく意味も込められている。

*栽培品種*

 シャトーヌフ・デュ・パプには,13品種のブドウの使用が認められている。グルナッシュ(ブラン,グリ,ノワール),クレレット(白,ロゼ),シラー,ブールブラン,ムールヴェードル,サンソー,ルーサンヌ,ピクプール(ブラン,グリ,ノワール),ピカルダン,テレ・ノワール,ヴァカレス,クノワーズ,ミュスカルダン。ドメーヌでは,以下,7品種を醸造に使用している。ワインの生産比率は,赤ワインが全体の90%,白ワインは10%を占める。

〔黒ブドウ〕
 ・グルナッシュ:
樹勢が強く,豊かで,シャトーヌフの王様格品種。ワインに奥行きを与え,色の抽出は濃くないものの,スミレ,キルシュ,カシスなどの興味深いアロマのポテンシャルを持つ。

 ・シラー:
酸は中程度で,タンニン分が多く,濃い色調。フランボワーズ,カシス,黒い小さな果実から,熟成すると皮革,トリュフなどの豊富なアロマが現れる。熟成のポテンシャルの高いワインを生む。

 ・ムールヴェードル:
樹勢が強く,栽培が難しい品種。発芽が遅く晩熟で,収穫時期は遅い。アロマティックで酸が弱く,高品質なタンニンのストラクチャーが与えられる。賛歌には強い品種のため,他の品種と混醸して,完璧な熟成のポテンシャルをワインに与える。

〔白ブドウ〕
 ・グルナッシュ・ブラン:
晩熟で,小石混じりの暑い土地での栽培に理想的な品種。ワインに骨格を与え,フィネスのある白い花のアロマが際立つ。

 ・ルーサンヌ:
高貴なこの品種はフローラルのアロマが豊かで,偉大なエレガンスと繊細さ,複雑味をワインに与える。

 ・ブールブラン:
フローラルのアロマとフレッシュな個性を持つ品種。暑く乾燥した日照の多い環境に適している。アルコールは低め。

 ・クレレット:
樹勢の強い品種。小石の土壌と暑さに適応する。オイリーかつフローラルなアロマ,繊細さと複雑味をワインに与える。

*栽培について*

 持続可能な農業,レゾネ栽培で環境に配慮している。下草を生やす草生栽培を行い,ブドウ樹にとって良い最近を増やし,ブドウ樹が衛生的に育つ環境を整えている。耕耘は機械を用い1年に3-4回,小石の区画は手作業で行う。異なるブドウ品種を同じ畑で栽培し,比率を一定させるフィールド・ブレンド(混植)を行っている。仕立ては,シラーはダブル・ギヨ,若しくはシンプル・ギヨ。シラー以外はゴブレを採用。摘芯はブドウ樹の樹勢に応じて行う。収穫は9月中旬に100%手摘み。熟練の収穫人が畑で選果を行いながら収穫を行い,慎重に籠に入れ,村の中心部に位置するシャトーの醸造所へと運ばれる。そこでさらに選果を行う。

*テロワール*

 シャトーヌフ・デュ・パプの多様なテロワールを有する6村(Les Serres レ・セール,Bois la Ville ボワ・ラ・ヴィル,Cansaud カンソー,Charbonniere シャルボニエール,Barbe d'Asne バルブ・ダーヌ,Etang エタン)に広がる,およそ10ヘクタールでブドウを栽培。

 北方に位置する粘土砂質土壌のシャルボニエールでは,果実味が豊かな白ブドウ品種とシラーが植わる。シャルボニエールとエタン,バルブ・ダーヌで栽培されるブドウから,〔ピエール・トゥルペル〕シリーズが造られる。

 南方のレ・セールはグルナッシュの古樹が植わる,表を丸い石が覆う土壌。この丸い意思は日中の太陽熱を蓄え,気温の下る夜間にも熱を保ち,ブドウの成熟を促す。ボワ・ラ・ヴィル,カンソーは左岸と石灰が混じる赤い泥土が特徴。〔クレ・ド・サン・トマ〕シリーズは,この3村のブドウに由来する。 *ドメーヌ・クレ・ド・サン・トマ所有の区画の詳細は,こちらまで

*醸造*

 シャトーヌフ・デュ・パプの村に位置するこじんまりとした伝統的な醸造所には,バリック(225リットル),ドゥミ・ミュイ(600リットル),ミュイ(1,200リットル)が備えられており,長期熟成させるシリーズ〔クレ・ド・サン・トマ〕に使用。また,温度管理機能付の小さな醸造用タンクは,白ワインの醸造に使用する。

*商品のラインナップ*

Pierre Troupel AOC Chateauneuf-du-Pape, Rouge
/ピエール・トゥルペル(シャトーヌフ・デュ・パプ) 赤 2015 ==>> 詳細はこちら
Pierre Troupel AOC Chateauneuf-du-Pape, Blanc
/ピエール・トゥルペル(シャトーヌフ・デュ・パプ) 白 2015 ==>> 詳細はこちら
Clef de Saint-Thomas AOC Chateauneuf-du-Pape, Rouge
/クレ・ド・サン・トマ(シャトーヌフ・デュ・パプ) 赤 2015 ==>> 詳細はこちら
Clef de Saint-Thomas AOC Chateauneuf-du-Pape, Blanc
/クレ・ド・サン・トマ(シャトーヌフ・デュ・パプ) 白 2014 ==>> 詳細はこちら
------------------------------
Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.