HOME >> 生産者情報 >> ジャン=ジャック・ヴァンサン・エ・フィス(フランス/ブルゴーニュ地方) 

ジャン=ジャック・ヴァンサン・エ・フィス

Jean-Jacques Vincent et Fils


シャトー・フュイッセ

CHATEAU FUISSE


◆シャトーの歴史◆

 シャトーは13 世紀に建てられた。1862 年にヴァンサン家が購入し、以降5 世代に亘り継承されている。3 代目のMarcel Vincent マルセル・ヴァンサンはドメーヌを拡大し、ドメーヌのワインビジネスを発展させた。4 代目のJean-Jacques Vincent ジャン=ジャック・ヴァンサンはモダンと伝統を融合させたワイン造りを考案し、現在はその息子Antoin アントワン が、父ジャン=ジャックから2003 年以来ドメーヌを引き継いでいる。創業約150 年のドメーヌは現在約150,000 本のワイ ンを生産し、42 カ国に輸出し、世界で名声を上げている。


◆ワイン造りに対する哲学◆

 シャルドネという品種とヴィンテージを通してテロワールを表現すること、それがシャトー・フュイッセのワイン造りの基礎である。豊満さや自然の成熟感、ミネラルのバランスを考え、各区画の特徴を尊重する。よって醸造は各区画の特徴によって選択する。
◆畑について◆

 ドメーヌは、マコンから10数km 西に位置するフュイッセ村に拠点を置く。35ヘクタール以上の畑を所有し、下記の通り5つのアペラションに存在する。畑は100以上もの区画に細分化され、主にアペラション・プイィ・フュイッセの中心に位置し、粘土石灰質の土壌がストラクチャーや上品さをもたらす。ブドウ樹の平均樹齢は32年である。

・ プイィ・フュイッセ: 23 ヘクタール
・ サン・ヴェラン: 7.5 ヘクタール
・ マコン・ヴィラージュ: 1.70 ヘクタール
・ マコン・フュイッセ: 0.9 ヘクタール
・ ジュリエナ: 2.8 ヘクタール




◆栽培について◆





 栽培方法は厳格なリュット・レゾネを採用している。そのことにより、ブドウ樹や土壌に個性を与えられ、ブドウに凝縮感や熟成感が備わる。剪定はマコネーのシャルドネの典型的な方法であるGuyot simple en Arcure ギヨ・サンプル・アン・アルキュール*(弓状ギヨ・サンプル)を採用している。収穫は手で行い、選別する。

◆醸造について◆


 ブドウを丸ごとゆっくりと圧搾を行い、醸造に入る。醸造用の容器はテロワールの特性により、タンクと樽を使い分ける。石灰質土壌や古樹に由来するブドウは樽、より軽い土壌はフレッシュさとフローラルな面を尊重するためにタンクを使用する。マロラクティック発酵はヴィンテージによるが、最も良い自然のバランスを考えて行う。また、ワインの質を保証するために、各段階において定期的に分析を行っている。





◆各キュヴェの詳細◆
Pouilly-Fuisse Tete de Cuvee AOC, Blanc
/プイィ・フュイッセ“テット・ド・キュヴェ” 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Pouilly-Fuisse Vieilles Vignes AOC, Blanc
/プイィ・フュイッセ“ヴィエイユ・ヴィーニュ” 白 2005 ==>> 詳細はこちら
Pouilly-Fuisse Les Combettes AOC, Blanc
/プイィ・フュイッセ“レ・コンベット” 白 2015 ==>> 詳細はこちら
Pouilly-Fuisse Le Clos AOC, Blanc
/プイィ・フュイッセ“ル・クロ” 白 モノポール 2016 ==>> 詳細はこちら
Macon-Villages Champs Brule AOC, Blanc
/マコン・ヴィラージュ“シャン・ブリュレ” 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Cremant de Bourgogne Brut AOC, Blanc
/クレマン・ド・ブルゴーニュ“ブリュット” 辛口 白 <瓶内二次発酵>

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.