HOME >> 生産者情報 >> レ・ローゼ(イタリア/ラツィオ州) 

↓INDEX↓
アツィエンダの概要
--------------------
栽培について
--------------------
ルカ・ダットーマ
--------------------
各種ワイン・ガイド
ヴェロネッリ
ドゥエミラヴィーニ
レスプレッソ
--------------------
各ワインの詳細
--------------------
 イタリアで「時代の寵児」と呼べるエノロゴは,ルカ・ダットーマをおいて他にないだろう。
 今やペトリュス,ル・パンと並ぶ世界最高峰のメルロー・ワインとなったトゥア・リータの<レディガッフィ>も,レ・マッキオーレの<メッソリオ>も,90年代にダットーマがコンサルタントとして生み出したカルト・ワインだからだ。

 2000年には自身のワイナリーから<スイサッシ>,<ドゥエマーニ>などのカリスマ・ワインも手がけ,押しも押されぬスーパー・エノロゴとなった。ダットーマはトスカーナを本拠に活動しているが,ラツィオ州で唯一コンサルタントをしている蔵元がある。驚くべきことに,それは白ワイン造りをメインにする<レ・ローゼ>というワイナリー。2003年にローマの実業家によって創設されたレ・ローゼは,ルカ・ダットーマが設立当初からコンサルタントを務め,フランスのロマネ・コンティの苗木家から最上のブドウの苗木を取り寄せて植樹,土作りの段階から有機栽培を導入するなど,彼の全面的な監督でまったくのゼロから誕生した新生ワイナリーだ。初ヴィンテージは2007年だが,翌年の2008ヴィンテージで早くも『ドゥエミラヴィーニ』と『ヴェロネッリ/2010年版』に登場。「このまま成長すれば,ラツィオの白ワインの概念を根底から覆すだろう」とのコメントも受け,センセーショナルなデビューを果たした。さらに,最新の『ヴェロネッリ/2011年版』では,同じ著名なエノロゴであるリカルド・コタレッラのファレスコの白のプレステージ・キュヴェ<ファレンターノ>を越える91点の評価を獲得し,デビューわずか3年でラツィオの大注目ワインとなった。マルヴァージア,ヴェルディッキオ,フィアーノというラツィオの地場品種から生まれる白ワインを,国際的に洗練された味わいに昇華させたダットーマの手腕は敬服に値する。ダットーマが心血を注ぎ込んだ超新星ワイナリーが,レ・ローゼだ。


◆ワイナリーの概要◆
 レ・ローゼは,2003年にローマの実業家,カタルド・ピッカレータ/Cataldo Piccarretaによって創設されたアツィエンダ。ピッカレータ夫妻が友人を交えたディナーで,ルカ・ダットーマ/Luca d'Attomaと知り合いになり,その縁でワイナリーの設立段階から彼にコンサルタントを依頼した。ワイナリー名のレ・ローゼは「バラ」のこと。ワイナリーの前の通りにバラが咲いていたことから,このように命名された。

 レ・ローゼの目標は,リッチでありながら上品で,すぐに分かる個性を備え,しかも攻撃的でないワインを造ること。そのために,この地でよく知られているマルヴァージア,この火山地域に昔から存在していたフィアーノ,地元で「緑のトレッビアーノ」と呼ばれているヴェルディッキオ,そして甘口ワインに使われるプティ・マンサンとグロ・マンサンを栽培することを決断した。

 ピッカレータはダットーマとともに,レ・マッキオーレやドゥエマーニを視察するなど意気投合。自身のワイナリーでバイオダイナミックを実践し,栽培にも精通するダットーマの進言で,フランスのロマネ・コンティの苗木家からアツィエンダの畑の土壌にあったクローンの苗木を取り寄せて植樹,土作りの段階から有機栽培を導入するなど,ダットーマの全面的な支援の下,この新生ワイナリーを誕生させた。

 ワイナリーの畑は,ローマの南東30キロ,ジェンツァーノ・ディ・ローマ/Genzano di Romaとヴェッレトリ/Velletriのあいだのカステリ・ロマーニの丘に位置する。土壌は深く,カルシウムやマグネシウム,リンに富んだ典型的な火山土壌。栽培面積は8.5ヘクタールで,植樹比率は1ヘクタールあたり6,000本。南向きで海抜350メートルに位置する。ポンツィアーノ諸島の正面に位置しているため,気候は南からのシャープで安定した風を受ける。栽培品種はフィアーノとヴェルディッキオが2ヘクタールずつ,マルヴァージアが1.5ヘクタール,グロ・マンサンとプティ・マンサンが1ヘクタールずつで,白ワイン用のブドウのみを栽培している。設立からやや遅れて,このカステリ・ロマーニの畑とは別に,内陸に入ったオレーヴァノ・ロマーノ/Olevano Romanoに2ヘクタールの畑を所有。赤ワイン用の地場品種であるチェザネーゼを栽培し,少量の赤ワインも造っている。

*アツィエンダ・アグリコーラ・レ・ローゼの場所→カステリ・ロマーニ(PDF形式)
◆栽培と醸造について◆

 レ・ローゼでは,ダットーマの進言もあって有機栽培に転換し,すでに3年が経過している。今後はバイオダイナミックへの移行も計画している。畝には下草を生やし,摘芯,除葉,グリーン・ハーヴェストなどはすべて手作業で行う。収穫も手摘みで実施。収穫段階で1株に3-4房のブドウのみが残るように調整し,収量は最大でも1ヘクタールあたり35ヘクトリットルを越えないように制限している。

 白ワインの醸造は,収穫後,直接圧搾して12度に冷却して12時間の前清澄。その後,セメントとステンレス・タンクでアルコール発酵を行う。発酵温度は14度で,発酵期間は16-20日間。マロラクティック発酵は施さず,発酵後,フランス産のオーク(新樽は用いない)に移して9ヶ月間熟成させ,無清澄で瓶詰め。
◆ルカ・ダットーマについて◆

 1964年,トスカーナ州ピサ生まれ。イタリアで最も権威あるスクールの1つ,ヴェネト州の「コネリアーノ醸造学校」で醸造学を修める。卒業後,すぐに醸造コンサルタントとして活動を開始。

 1992年,28歳の時にスヴェレートのトゥア・リータと契約。メルロー100%のワインを造るアイディアをオーナーに進言。この<レディガッフィ>とともにトゥア・リータを一躍世界的な名声のワイナリーに押し上げたことで,彼の名は世界中に認知された。また,ボルゲリのレ・マルキオーレでも,メッソリオ,スクリオ,パレオ・ロッソなどのカルト・ワインを次々と生み出し,こちらもボルゲリの指標となるワイナリーへと導いた。

 2000年には自身のワイナリーからスイサッシ,ドゥエマーニなどのワインも手がけ,こちらも大きな反響を呼んでいる。トスカーナ,特に ボルゲリやスヴェレートのワインの隆盛の立役者と呼べる天才エノロゴ。

◆各キュヴェの詳細◆
Tre Armi IGT Lazio/トレ・アルミ(IGT ラツィオ)白 2013  ==>>詳細はこちら
La Faiola IGT Lazio/ラ・ファイオーラ(IGT ラツィオ)白 2015  ==>>詳細はこちら
Colle dei Marmi IGT Lazio
/コッレ・ディ・マルミ(IGT ラツィオ)白 2012  ==>>詳細はこちら
Emma IGT Lazio/エンマ(IGT ラツィオ)赤 2009  ==>>詳細はこちら
Artemisia DOC Roma/アルテミジア(DOC Roma)白 2013  ==>>詳細はこちら
La Faiola IGT Lazio
/ラ・ファイオーラ(IGT ラツィオ)赤 *参考品*  ==>>詳細はこちら
Ultimo IGT Lazio/ウルティモ(IGT ラツィオ)白 *参考品*  ==>>詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.