HOME >> 生産者情報 >> イヴ・ルーヴェ(フランス/シャンパーニュ地方) 

↓INDEX↓
ドメーヌ概要
--------------------
醸造法
--------------------
キュヴェの詳細
◆ドメーヌ概要◆


 ブージィの隣,トキシエール/Tauxierers村に本拠を置くイル・ルーヴェ/Yves LOUVETは,ピノ・ノワールを主体とする濃厚なシャンパーニュを生み出す蔵元。

 あのボランジェもこの村に自前の圧搾所と多くの畑を所有。“キュヴェ・グラン・タネ”のブレンドには,トキシエールの畑で栽培したピノ・ノワールを必ず加えている。

 事実,フランス最高のワイン評論家ミシェル・ベタンヌも,「ブージィの隣という日陰の身でありながら,品質はブージィのグラン・クリュから遠くない。そのことをボランジェは昔から熟知している。」,そして「イヴ・ルーヴェはトキシエールのブドウ畑のスペシャリスト。数年前からカリテ=プリ(品質と価格)のバランスの取れた力強いワインを提供している。」と高く評価している。


 この言葉通り,ドメーヌは栽培面積12ヘクタール(内,ピノ・ノワール10ヘクタール,シャルドネ2ヘクタール/平均樹齢10-50年),年間総生産量4万本というシャンパーニュでも最小規模でありながら,最も手頃な価格でシャンパーニュを提供してくれる貴重なレコルタンだ。

 ドメーヌは1835年生まれのテオフィル・ブロンデルが畑を購入したことにより始まり,現在もこの畑は受け継がれている。1879年,テオフィルの娘がアルフレッド・モローと結婚,1890年にアルフレッドがシャンパーニュの販売に着手した。娘のマリーが1901年にジルベール・メアと結婚し,1920年にドメーヌを継承した。2人の間に生まれた3人の子どもたちはいずれも栽培家としての道を歩み,娘のアンリエットが1943年にアンリ・ルーヴェと結婚,義父アルフレッドの後を継いだ。1950年,2人にとって最初の収穫が行われた。息子のイヴ・ルーヴェが初めてシャンパーニュの醸造を行ったのは1975年のこと。2006年以降,息子で6代目のフレデリック・ルーヴェがドメーヌを運営している(シャンパーニュの販売に着手してから5代目)。トキシエール,マルイユ・シュール・アイ,アヴネ・ヴァル・ドール,トレパイユ,ルーヴォワ,ブージィ,アンボネィ,メニル・シュール・オジェに畑(土壌:主に石灰質)を所有。栽培したブドウを,ヴーヴ・クリコやニコラ・フィアット,アンリオなど大手メゾンにも卸している。

◆醸造法◆
 アルコール発酵は,すべて温度管理機能付きのステンレス・タンクで行う。発酵終了後,引き続きステンレス・タンクで9ヶ月熟成させる。この間にマロラクティック発酵もすべてのキュヴェについて実施する。その後,28グラムの蔗糖を添加し,瓶内二次発酵を行う。瓶内熟成期間は,キュヴェに応じて3-8年。ブリュットのキュヴェの門出のリキュールの量は,9-10グラム。
◆キュヴェの詳細◆
Selection d'Emile Premier Cru AOC, Blanc
/セレクション・デミル プルミエ・クリュ 白・辛口 NV==>> 詳細はこちら
Blanche de Marie AOC, Blanc 
/ブランシュ・ド・マリー 白・辛口 NV==>> 詳細はこちら
Reserve de Theophile Premier Cru AOC, Blanc
/レゼルヴ・ド・テオフィル プルミエ・クリュ 白・辛口 NV==>> 詳細はこちら
Millesime d'Anais Premier Cru AOC, Blanc 
/ミレジメ・ダナイス プルミエ・クリュ 白・辛口 2010==>> 詳細はこちら
Cuvee 2H Premier Cru AOC, Blanc 
/キュヴェ・2H プルミエ・クリュ 白・辛口 NV==>> 詳細はこちら
Rose d'Aglaee Premier Cru AOC, Blanc 
/ロゼ・ダグラエ プルミエ・クリュ 白・辛口 NV==>> 詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.