HOME >> 生産者情報 >> シャトー・デュ・セードル(フランス/南西地方) 
↓INDEX↓
シャトー・デュ・セードルの歴史
--------------------
ドメーヌ・データ
--------------------
セードルのテロワールと
栽培醸造について
--------------------
各種ワインガイドの評価
--------------------
セードルを取り扱う
著名レストラン
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
◆シャトー・デュ・セードルの歴史◆
 フランス北部フラマン地方のモルスリッド/Morsleedeの出身であるレオン・ヴェレーギュ/Leon Verhaegheは,20世紀初頭に故郷を離れ,ロット県に移住。彼の息子のシャルル・ヴェレーギュ/Charles Verhaegheとその妻マリー=テレーズ/Marie-Thereseが1958年に複合栽培農家を設立,1ヘクタールの区画にブドウ樹を植樹し,セードルのブドウ畑が誕生した。

 1973年,ラヴェンダーの蒸留と並行して,シャルルは初めて自身のワインの元詰めを行った。その後,シャルルの息子パスカル/Pascalとジャン=マルク/Jean-Marc兄弟が元詰め2代目となった。

 オートバイに情熱を傾けていたパスカルは,ブルゴーニュ地方の友人,ジャン=マリー・ギュファンスの下でワインの魅力に開眼した。
・・・バイク・ツーリングの途中,僕は単にジャン=マリーのところで休憩するつもりだったんだ。彼の家に数日滞在し,収穫を手伝った。それが僕にとって,初めての収穫だった・・・
 8年後,マコンのダヴァイエ/Davaye(ジャン=マリー・ギュファンスが本拠を置く村)で醸造学を修め,ジャン=マリー・ギュファンス,そしてナパ・ヴァレーのセインツベリーで働いた後,パスカルはソーテルヌの第 一級格付け筆頭のシャトー・ラ・トゥール・ブランシュの醸造に携わっていた弟のジャン=マルクとともに家業に参画することを決断した。現在,ジャン=マルクがブドウ栽培を,そしてパスカルが醸造と販売を担 当している。暗黙の意識と見解の一致が,彼らの共同プロジェクトのベースとなっている。

 80%のドメーヌが霜による甚大な被害を受け,非常に困難なヴィンテージとなった1995年は,彼らにとって試練の年となり,すべての仕事を再検討することを余儀なくされた。
・・・収量を落とし,テロワールに重きを置く必要がある。我々が与える以上のものを常に我々に提供してくれるブドウ樹には,目に見えない側面がある。テロワールを資本に組み入れ,自然に近付くことによっ て,ブドウ樹はバランスを,ブドウは品質と風味を獲得する・・・
 こうしてシャトー・デュ・セードルのワインのスタイルが生まれた。

 1995年,ヴェレーギュ兄弟はパートナーである地元の栽培家たちとともに,栽培から醸造にいたるまで彼らが指導・監督して造り上げたワインを販売する会社<ル・セードル・ディフュジョン/Le Cedre Diffusion>を設立。毎年,栽培家と協力し,彼らの固有ラベルの元詰めワインの生産量を増やしている。このようにして,ヴェレーギュ兄弟はアペラシオンの発展にも寄与している。もちろん,セードル・ブラン ドの確立にも余念がない。唯一無二の素晴らしいテロワールであるカオールは,長命で偉大なワインからシンプルで軽いワインまで幅広いワインを造ることができる。セードル・ブランドは個性的なワイン,シンプ ルなワイン,そして高品質のワインを好む消費者に,求めやすいワインを提案している。
◆ドメーヌ・データ◆
・栽培面積: 27ヘクタール
・栽培品種: マルベック22.77ヘクタール,メルロー1,265ヘクタール,タナ1,265ヘクタール,
ヴィオニエ1.0ヘクタール,セミヨン&ミュスカデル&ソーヴィニヨン0.7ヘクタール
・平均樹齢: 20-51年
・平均収量: 1ヘクタールあたり30ヘクトリットル
・植樹比率: 1ヘクタールあたり4,000-5,000本
・従業員: 12名(1人あたり2.5ヘクタール)
・紋章: ドメーヌの入口にある樹齢100年のヒマラヤ杉。普遍性の象徴。
・使命: グラン・ヴァンの愛好家たちを満足させること。
・モットー: 前へ進む。実験する。あえて新しい方向へ進むこと。
◆シャトー・デュ・セードルのテロワールと栽培,醸造について◆

 シャトー・デュ・セードルの3つの区画は,カオール最上の2つのタイプの土壌に適合しています。最大の区画は,石灰岩の破片土壌で構成される火山円錐丘に位置する南西向きの12.5ヘクタール。トラン /Tranと呼ばれる岩の多い粘土石灰質のこの土壌は,熱と湿度に関して非常に重要な役割を果たしているため,この土壌からは大変上品なタンニンを持った,素直で長命なワインが生み出されます。

 他の2つの区画(真南に向いた5.5ヘクタールと7.5ヘクタールの畑)は,表土には赤みがかった鉄分を含む砂が,深土には粘土と二酸化珪素が混じった砂利が支配的な土壌です。このタイプの土壌からは ,より力強く,よりアルコリックなワインが生まれます。

 母岩と周辺の樹木がワインに与える影響力も非常に大きいものがあります。母岩は,風通しのよい粘土に覆われた石灰プレートで,ミネラルやスミレの香り,そして,セードルのテロワールの証である石灰の アロマをワインに付与します。火山円錐丘を取り囲んでいるオークとネズは(ネズミサシ)は,特には河野最後にワインにネズとユーカリのニュアンスを付けます。

 大西洋とピレネー山脈,地中海のどこからも等距離にあるシャトー・デュ・セードルには2つの気候が混在しています。6月までは海洋性気候で,7月になると地中海性気候に変わります。ロット河とドータン 風(*)と呼ばれる南東から南西にかけて吹く風もブドウ樹に好ましい影響を与えています。ドータン風が雲を取り除いてくれるため日照量が高くなり,ロット河の流れによって 夜は逆に涼しくなり,ブドウ樹のストレスが緩和されるのです。このミクロクリマの恩恵によって,シャトー・デュ・セードルのブドウは非常に健康な状態で熟成し,ブドウ樹が乾燥に苦しむこともないのです。
*ドータン風/le vent d'Autan:ルシヨンから南西地方にかけて吹く風。南東もしくは南南東から南もしくは南西にかけて吹く。

 秋の土寄せ,春に行う土寄せしていた土の除去,除葉,ブドウ樹のひげ根の抜き取りなどの作業によって,除草剤は一切使う必要がありません。耕耘はすべての畑で行われます。表土に出ているブドウ 樹の根を切断することによって,ブドウ樹は養分を求め地中深くまで伸びていくため,ブドウ樹はあらゆる土の成分を吸収し,ブドウに伝達することになります。生きた地中で成長することによって,ブドウ樹は 気候の影響をより受けにくい体質になります。

 剪定はグイヨ・サンプルの短小剪定で,1株につき7-8芽を残し,グリーン・ハーヴェストも行い,1株ごとの収量をコントロールしています。収穫時期は短く,ブドウが完熟に達した時に始まります。

 果皮浸漬のあいだ,アルコールはすべてのアロマを吸収します。熟した種はヴァニラやハシバミのノートを発散します。また,微かに甘さがあります。ブドウのしょう果のタンニンにはこのような甘みはありません が,極上のフィネスがあります。土仕事をしっかりと行った畑はタンニンの成熟がバランスを取るまでに埋め合わせとなる酸をワインに与えてくれます。均衡と調和は自然のなかにあるもので,ブドウがワインに変 化するように,我々の役目は常にブドウの本質のすぐそばにいることなのです。

 マルベックという品種は,染色体と芳香性の凝縮によって引き立ちます。ですから,醸造のあいだは抽出ではなく,シンプルで優しい行為によってワインのフェノール類のあらゆる構成要素を結びつけることを 追求しています。グラ/Grasと呼ばれるとろっとした質感と粘性は,そこから生まれるのです。1つとして同じすべてのヴィンテージはありません。ですから醸造にもシステマティックなものは何ひとつありません。例 えば,櫂入れや澱の攪拌,澱引きなどは,ヴィンテージに応じて適切な時に行われます。

 シャトー・デュ・セードルでは,伝統的で直ぐに飲めるモダンで,そしてテロワールに立脚したワインを造っています。これは一見矛盾していますが,良質のブドウをもたらす栽培家と,醸造と熟成を管理する 醸造家の相乗的な努力によって可能になります。また,テロワールに重きを置くブルゴーニュ哲学と,ボルドーの醸造技術を結合させています。シャトー・デュ・セードルでは,単一品種のワインはアッサンブラー ジュされますが,由来するテロワールやクリマが異なります。そこに使われる技術や選択は,過去何年にもわたる経験と観察,そして熟考の結果であるのです。

 固いタンニンを持つ品種にとって,樽の管理は非常に重要なことです。シャトー・デュ・セードルでは,ブルゴーニュの樽業者によるバリックを使用しています。ブルゴーニュ地方で30-36ヶ月間自然乾燥させた フランチ・オークのタンニンのフィネスが,セードルのワインに非常に好都合なのです。100-120秒トーストしたやや強めの焼きを指定しています。

 シャトー・デュ・セードルのワインは,野生酵母の段階からゆっくりと形成されていきます。オーク樽の洗練されたタンニンによって豊かになり,醸造中の構成要素を自然な形で同化していきます。そのために, シャトーのセラーは温度12-15度,湿度90%に一定管理されています。

 ワイン造りは創造の連続です。驚き,実験,そして学ぶことが毎日あります。この永久運動のなかにおける造り手の探求は,バランスの追及です。つまり,ブドウ樹の環境的バランスと,醸造所におけるブド ウの潜在力の保持です。この均衡は非常に脆弱なものです。なぜなら,栽培や醸造過程における変化は一種の喪失であり,その喪失を埋め合わせる行為のそれぞれが,また新たなる変化の源となるから です。我々は決して到達することのない理想に近づいていくことしかできないのです。しかし,この永久運動は,もはや高貴な循環となっているのです。
◆各キュヴェの詳細◆
Heritage AOC Cahors, Rouge
/エリタージュ(カオール)赤 2014==>> 詳細はこちら
Chateau du Cedre AOC Cahors, Rouge
/シャトー・デュ・セードル(カオール)赤 2014==>> 詳細はこちら
Le Cedre AOC Cahors, Rouge
/ル・セードル(カオール)赤  *参考品 ==>> 詳細はこちら
GC AOC Cahors, Rouge/ジェ・セ(カオール)赤 2008 ==>> 詳細はこちら
Extra Libre AOP Cahors, Rouge
エクストラ・リーブル(AOP カオール) 赤 2015 ==>> 詳細はこちら
Marcel Malbec IGP Comte Tlosan, Rouge
/マルセル・マルベック(IGP Comte Tlosan)赤 2015 ==>> 詳細はこちら
Cedre Heritage IGP Comte Trosan, Blanc
/セードル“エリタージュ”(IGP コンテ・トロザン) 白  *参考品
Blandine Le Blanc IGP Cotes de Gascogne, Blanc
/ブランディーヌ・ル・ブラン(IGP コート・ド・ガスコーニュ) 白 2015 ==>> 詳細はこちら
Le Cedre Vin de Pays du Lot, Blanc
/“ル・セードル”(ヴァン・ド・ペイ・デュ・ロット) 白 2015 ==>> 詳細はこちら
Marc de GC AOR/マール・ド・ジェ・セ NV 45% ==>> 詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.