HOME >> 生産者情報 >> シャトー・ラバル(フランス/南西地方) 


↓INDEX↓
シャトーの歴史
--------------------
テロワールの特徴
--------------------
栽培・醸造
--------------------
所有区画の詳細
--------------------
各キュヴェの詳細
--------------------
プレス記事
アルマニャックの中でも最高級ランクに位置づけられるバ・ザルマニャックBas Armagnacには,知る人ぞ知る有数の土壌が存在する。その地は“サーブル・フォーヴ” Sables Fauvesと呼ばれる限られた面積の非常に稀有なテロワール。そこでワインを手がける造り手はたった2軒のみという事実はほとんど知られていない。しかもシャトー・ラバルはその地で初めてワインのためのブドウ栽培を行った先駆者である。日本では早飲みのリーズナブルなワインとして南西IGPワインのイメージが定着しているが,ラバルの手がけるワインはハイコストパフォーマンスの類を見ない味わい。フランスのミシュラン三ツ星レストランをはじめ,パリの多くのカヴィストからも絶大な人気を誇る。


↑ 画像をクリックすると8代目当主マダム ジュリーの
コメントをご覧いただけます。

1820年ジャン=ドミニク・ローデJean Dominique Laudetは,フランスで最も歴史あるアルコール飲料,アルマニャックの生産を始める決意をし,その夢を実現させるため,20年間スパイス商人として過ごしたアンティル諸島からフランスへ帰国した。かつてグラン・バ・ザルマニャックGrand Bas Armagnacと呼ばれいていたランド県とジェール県の境に位置する600ヘクタールの森林と農業地を含むシャトー・ラバルを購入。その後アルマニャック200樽をニューヨークへ輸出するまでに成長した。1970年代にはメドック格付け4級シャトー・ベイシュヴェルの醸造監督を務めた6代目ノエルNoelによって,ワイン事業をスタート。辛口の白ワインをリリースし,ドメーヌに新たな風を吹き込んだ。2007年には8代目シリルCyrilがワインのラインナップをさらに広げ,アルマニャックの他に赤と白(辛口・甘口)とロゼワインを手掛けている(生産比率はワイン84%:アルマニャック16%)。2009年にドメーヌに参画したシリルの妻ジュリーJulieは,フランス高級アパレル会社の広報と輸出部門で勤めた経験をもち,ドメーヌでは広報と営業,パッケージデザインを手がけるなど幅広く手腕を発揮している。2016年のワインガイド誌『レ・ボンヌ・ザフェール・デュ・ヴァン』では,“アルマニャックの生産者シリル&ジュリー・ローデはワイン・メーカーとしての才能も証明した。”と評価され,『ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス』誌“今年の最優秀ワイン スペシャル・ミレジム2015”では見事2アイテムが選出された。夫婦共に伝統を重んじながらも現代の感性にあったワインとアルマニャック造りを続けている。

写真:8代目当主 シリル・ローデと妻ジュリー

流通先
ドイツ,ベルギー,スペイン,イタリア,ルクセンブルグ,オランダ,ポーランド,スイス,デンマーク,イギリス,アイルランド,アメリカ,カナダ,ニュー・カレドニア,中国,香港,シンガポール,
日本

三ッ星レストランでオンリスト パリのカヴィストからも絶大な人気!
アルページュ(ミシュラン三ツ星),シャトーブリアン(世界のトップ50レストラン9位/2011年),ラ・ダム・ド・ピック(三ツ星シェフ アンヌ=ソフィー・ピックAnne-Sophie Picのセカンド店),ドゥ・ラ・シテ・カルカッソンヌ(五ツ星ホテル)などでオンリスト。
ワイン専門店:ルグラン,ラヴィニア・カーブ・オジェ など多数で取り扱い。

IGPランド サーブル・フォーヴ
ワインの名前にもなっている“サーブル・フォーヴ”※は限られた面積の非常に稀有なテロワールで,アルマニャック有数の土壌として知られている。シャトー・ラバルはそこで初めてワインを造った生産者。現在でもドメーヌ・ドージュロンDomaine d'Augeronとたった2軒のみが100%サーブル・フォーヴのワインを造っている。

※ サーブル・フォーヴについて
中新世中期にあたる1600万年〜1100万年前の間,大西洋はアキテーヌ盆地を浸食し,現在のバ・ザルマニャックとなった。中新世の海が残したものは,サーブル・フォーヴという名称で呼ばれ,酸化鉄と海洋性の堆積物に富む。粘土石灰質に混ざった酸化鉄が,ワインやアルマニャックにミネラル感と爽やかさを与える。

サーブル・フォーヴの土壌断面 →




IGPコート・ド・ガスコーニュ
主にジェール県,アルマニャックの生産地域をカバーする巨大なIGP生産地。粘土石灰質の日照のよい丘に広がる。生産量の約75%がフランス国外へ輸出されている。 心地良い果実味とコストパフォーマンスに優れた個性的な魅力を備えたワインが造られる。


AOPテュルサン
1958年にVDQS(優良品質限定ワイン)として認められ,2011年にAOCに昇格。 アドゥール川の南,AOPマディランに近い,ランド県の広大な森に囲まれた気候の特性を享受したテロワール。マディランとはまた異なる良質のワインを生産している。粘土石灰と珪質粘土の丘に広がるブドウ園ドメーヌ・カザレで共同栽培したブドウをシャトー・ラバルの醸造所で仕込む。ラバルはAOPテュルサンで実験的に二酸化硫黄不使用のヴァン・ナチュールの限定数生産している。


栽培について
栽培面積30ha(内,6haはドメーヌ・カザレ,6haはアルマニャックのドメーヌ・ド・ジュグラロンと共同栽培。)ビオ転換中。レゾネ栽培で環境に配慮し,テロワールの個性を最大限生かすために定期的に土壌の手入れを行う。年に2回耕転を実施。1畝おきに下草を生やす。必要な場合に限り,ビオロジック栽培で使用される病虫害防除剤を用いる。収穫は夜から早朝の涼しい時間帯を選び行われるため,ブドウの新鮮さがワインとなっても保たれたまま仕上げることができる。コート・ド・ガスコーニュの平均収量50〜80hl/haを超えないよう除葉と剪定でコントロールしている。

醸造について
品種毎に分けて醸造を行い,それぞれの持つ個性とアロマを見極めてアッサンブラージュされる。ゼラチンで清澄。クロス式フィルターで濾過を行う。



↓図をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
Sables Fauves IGP Landes, Blanc                       
/サーブル・フォーヴ IGPランド 白 2015 ==>> 詳細はこちら
Sables Fauves IGP Landes, Rose
/サーブル・フォーヴ IGPランド ロゼ 2015 ==>> 詳細はこちら
Les Terres Basses IGP Cotes De Gascogne, Blanc
/レ・テール・バス IGPコート・ド・ガスコーニュ 白 2015 ==>> 詳細はこちら
Les Terres Basses IGP Cotes de Gascogne, Rouge
/レ・テール・バス IGPコート・ド・ガスコーニュ 赤 2015 ==>> 詳細はこちら
Monsieur IGP Cotes de Gascogne, Blanc             
/ムッシュー IGPコート・ド・ガスコーニュ 白(辛口) 2015 ==>> 詳細はこちら
La demoiselle IGP Cotes de Gascogne, Blanc             
/ラ・ドゥモワゼル IGPコート・ド・ガスコーニュ 白(甘口) 2015 ==>> 詳細はこちら
Raisin Vole AOP Tursan, Rouge
/レザン・ヴォレ AOPテュルサン 赤 2015 ==>> 詳細はこちら
Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.