HOME >> 生産者情報 >> アンリ・マリオネ/ドメーヌ・ド・ラ・シャルモワーズ(フランス/ロワール地方)



↓INDEX↓
ドメーヌの概要
--------------------
ボージョレとは異なる
ガメィの醸造
--------------------
キュヴェ・ヴィニフェラ
接ぎ木をしていない
ブドウ樹に由来するワイン
・キュヴェ・ヴィニフェラ
誕生の経緯


・プロヴィニャージュ
誕生の経緯
--------------------
セザール賞と
モリエール賞の
ガラ・ディナー公式ワインに
マリオネが選出!
--------------------
マリオネ版
ブルゴーニュ・ワイン
“ル・バタール
・ド・モンラッシェ”
--------------------
英仏友好100周年を祝う
午餐会のワインとして
プロヴィニャージュが登場
--------------------
ヴィレーヌ氏も祝意を表明
マリオネがワイン殿堂入り
--------------------
『レガル』誌
2009年9-10月号
失われた品種の征服
--------------------
『RVF/2006年4月号』
500号を飾る記念号
および
『世界で最も偉大なワイン』
堂々掲載!
--------------------
各種ワイン・ガイドの
コメント
--------------------
2010年
半生が綴られた本が出版
<生きる伝説>となった
アンリ・マリオネ
--------------------
マリオネの
ワインを取扱う
パリの著名レストラン
--------------------
フランスを代表する
日刊紙
ル・モンドにも
大々的に掲載
--------------------
商品ラインアップ

アンリ・マリオネの解説による台木を使わないブドウ畑と
キュヴェ・ヴィニフェラ誕生の経緯

 「接ぎ木という外傷を受けないブドウ樹は,まったく別のワインを生むのではないだろうか?」

 今までの人生の中で,私は常にこの疑問を持ちながら過ごして来ました。そして,年月とともにオーセンティック(本物)なワインを追求したいという情熱が,夢を現実のものにしようと私を駆り立てるまでに強くなっていったのです。まず,1990年,私は,それが引き起こすあらゆる危険を承知の上で,二酸化硫黄も培養酵母も添加せず,無補糖,無清澄,無濾過という人工的な介入を一切行わない醸造法で,“プルミエール・ヴァンダンジュ”という100%自然なキュヴェを造り上げました。続いて,私はまったく未知の領域に飛び込もうと決心し,1992年に1ヘクタールの区画にガメィを接ぎ木することなく植樹したのです。これが,現在のトゥ−レーヌ・ガメィ“ヴィニフェラ”です。初めての収穫は1995年。結果は,私のあらゆる期待を凌駕する驚くべきものでした。出来上がったワインは力強い香りと強烈なルビー・レッドの色調と豊かな味わいを持ち,接ぎ木したガメィとはまったく異なるものだったのです。しかも私が,この若いワイン(初めての収穫=樹齢3年)と一緒に比較試飲したのは,樹齢25年以上のブドウ樹に由来するワインだったのですから,まったくもって驚きです。つまり,その時私は初めて,まったく違う次元の全く別のワインを味わったのです。トゥーレーヌ・ガメィ“ヴィニフェラ”は2002ヴィンテージで8回目の収穫となりますが,私は毎年同じ違いを確認しています。

 その後,人生の偶然は,私を1850年に植樹されたプレ・フィロキセラのブドウ樹の発見(1997年暮れ)へと誘ってくれたのです。ロモランタン品種が植樹されていたこの区画は,私にまた1つ新たなワインを与えてくれることになったのです。このプレ・フィロキセラ(つまり接ぎ木されていない)のロモランタンも,ロワールで通常に栽培されているクラシックなロモランタンとはまったく異なるものでした。確かに150年というブドウ樹の樹齢が影響を及ぼしていることは明らかです。しかし、それでも、このロモランタンの持つアロマの美しさとフィネスは,比較を絶するものでした。

 この2つのキュヴェによって大きな確信を持った私は,接ぎ木によるワインの性質の違いをさらに証明するために,実験の場を広げることにしました。2000年,0.3ヘクタールの区画にガメィ,1ヘクタールの区画にソーヴィニヨン,2ヘクタールの区画にコットを接ぎ木せず植樹したのです。さらに2001年,近くに住む造り手が,私に樹齢20年を超えるカベルネ・ソーヴィニヨンとシュナンが植樹された畑を購入しないかと提案してきたのです。最初,私はこの畑の購入には否定的でした。しかし,当時の所有者が,接ぎ木せずにブドウ樹を植樹していたことを思い出したのです。というのは,当時,その所有者は高齢で貧しく,地元の苗木家から台木を買う手段がなかったのです。周りの造り手たちは,その畑がすぐにフィロキセラによって消滅してしまうだろうと彼を嘲笑していました。しかし,不思議なことに今日までブドウ樹はフィロキセラに侵されることなく生き続けているのです。

 こうして,このカベルネ・ソーヴィニヨンとシュナンの畑を購入した私のドメーヌには,合計6種類もの接ぎ木されていないブドウ品種(ソーヴィニョン・ブランシュナン・ブランロモランタンガメィ,カベルネ・ソーヴィニョン,コット)が勢揃いしました。総栽培面積5.31ヘクタールに達するこのようなブドウ畑は,世界のいかなる場所でも見つけることのできないものです。正真正銘,世界で唯一の実験と言えるでしょう。

 2002年秋,私は初めて,この接ぎ木していない6品種全てを収穫することができました。この接ぎ木をしていないブドウ樹に由来するブドウを醸造していて気づいた点は,白ワインはどれも一様に,接ぎ木されたブドウ樹に由来するものよりもエレガントで上品,そして品格があること。赤ワインはよりリッチで濃厚な色調を持ち,そして,より多くの素材と濃度があるということです。

 今,私たちは比較試飲によって,台木がワインの品質に影響を与え,その特徴さえ変えてしまうことを知ることができるようになりました。フィロキセラが発生する前に私たちの祖先が飲んでいたワインを造り,そして味わうことができるのは,この上ない喜びと幸福をもたらしてくれます。皆さんがこのワインを味わうことで,私と一緒に<真のワインを味わう喜び>を共有してくれることを希望します。

画像:接ぎ木していないガメィのブドウ樹の区画
アンリ・マリオネの解説によるプレ・フィロキセラのブドウ樹の発見と
プロヴィニャージュ誕生の経緯

 1998年3月,私のドメーヌの近くに住む老人が,私を訪ねてきました。彼はブドウ栽培から引退するため,自身の4.5ヘクタールの畑を,私に引き継いでもらえないかと会いに来たのです。信じられないことに,その畑の中心部に非常に古い区画が存在したのです。言い伝えによれば,1850年頃に植樹されたロモランタン品種の区画とのことでした。ロモランタン品種は,1519年にフランソワ1世によってこの地方にもたらされた著名な品種で,現在はクール・シュヴェルニィのアペラションでわずかに栽培されています。

 この年老いた造り手の言うことを確かめるために,私はアンジェ市のONIVINS(全仏ワイン協会)の元鑑定人で,ロワールのブドウ畑や苗木の検察官であるギヨ氏を呼びました。彼は大変驚き,切り株2本を世界で最も偉大なブドウ学者であるモンペリエ大学のブバル教授に送りました。2人とも植樹された正確な年については言及しませんでしたが,ブドウ樹がフィロキセラ禍に遭う前のブドウ樹で,1870年以前に植えられたものであることに間違いないことを確証してくれたのです。つまり,接ぎ木されていないこの区画は,19世紀後半にフランスのすべてのブドウ畑を荒廃させたフィロキセラの害を免れたのです。ブドウ樹は現在も素晴らしい状態にあり,おそらくフランスで最も古い2-3のブドウ樹の1つであることに間違いありません。

 こうして,1998年の秋,私はこのブドウ樹から初めてブドウを収穫しました。0.36ヘクタールの区画からおよそ750リットル,900本をボトリングし,この希有なキュヴェを“プロヴィニャージュ”と命名しました。なぜなら,フィロキセラ以前にはプロヴィニャージュはブドウ樹を増やし,欠陥のある株を取り替える方法だったからです。この技術はガーデニングで使われている取り木の技術と比較することができます。フィロキセラ以前はブドウ樹にも可能な技術だったのです。

 私が想像した通り,出来上がったワインは,この地方で味わえる通常のロモランタンとはまったく異なる性格を持ち合わせるものでした。プロヴィニャージュは味わいがより豊満で肉付きが良く,ハチミツやノワゼット(はしばみ)のアロマを持ち合わせています。ロモランタン品種から生まれるワインは通常酸味が非常に高いのですが,プロヴィニャージュにおいては,それがワインの豊満な味わいによってかき消されています。ハーモニーは完璧ですが,味わうにはもう少し待った方が良いのではないかと思われます。いずれにしても,このワインは,むしろ伝統的な熟成タイプのワインのように思われますが,酸味は少なく感じられ,すでに十分に印象的な魅力があります。このワインは,ロワール河や周辺の支流で採れる魚を用いた料理に最適です。もしくは,モリーユ茸をふんだんに使ったクリーム仕立ての鶏肉に合わせてもよろしいかと思います。また,肉料理であれば白身肉やアスパラガスの料理とも素晴らしいハーモニーを奏でることでしょう。サヴォワ地方やスイスのハード・タイプのチーズもおすすめです。

 私は,このワインを人類の遺産のなかの保護された宝物であると思っています。ある種の感慨を感じることなく,このワインを味わうことはできません。とりわけ,ルイ・フィリップ王(フランス王。在位:1830-1848年)と同時代にこのブドウ樹が植樹されたことに思いを馳せると,なおさらです。


画像:マリオネの畑のプレ・フィロキセラのロモランタンのブドウ樹
*商品ラインナップ*■
◇クラシック・キュヴェのシリーズ◇
Touraine Sauvignon AOC, Blanc
/トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Sauvignon AOC, Blanc
/トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン“ヴィエイユ・ヴィーニュ” 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Sauvignon M de Marionnet AOC, Blanc
/トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン“エム・ド・マリオネ” 白 2014 ==>> 詳細はこちら
Touraine Gamay AOC, Rouge/トゥーレーヌ・ガメィ 赤 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Gamay Cuvee Vieilles Vignes AOC, Rouge
/トゥーレーヌ・ガメィ“キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ” 赤 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Gamay Premiere Vendange AOC, Rouge
/トゥーレーヌ・ガメィ“プルミエール・ヴァンダンジュ” 赤 2017 ==>> 詳細はこちら
Vin de Pays du Loire et Cher
Les Cepages Oublies Gamay de Bouze, Rouge
/ヴァン・ド・ペイ・デュ・ロワール・エ・シェール
“レ・セパージュ・ウーブリエ”ガメィ・ド・ブーズ 赤 2016 ==>> 詳細はこちら
参考: アペラション「トゥーレーヌ」に使用可能な品種

トゥーレーヌ 白
シュナン・ブラン(ピノー・ド・ラ・ロワール),アルボワ(ムニュ・ピノー),ソーヴィニョン。また,補助品種としてシャルドネをアッサンブラージュに最大20%まで使用できる。

トゥーレーヌ 赤
カベルネ・フラン(ブルトン),カベルネ・ソーヴィニョン,コット,ピノ・ムニエ,ピノ・グリ,ガメイ・ノワール・ア・ジュ・ブラン,ピノー・ドーニ。
◇キュヴェ・ヴィニフェラのシリーズ◇
Touraine Sauvignon Vinifera AOC, Blanc
/トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン“ヴィニフェラ” 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Chenin Blanc Vinifera AOC, Blanc
/トゥーレーヌ・シュナン・ブラン“ヴィニフェラ” 白 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Gamay Vinifera AOC, Rouge  *参考品
/トゥーレーヌ・ガメィ“ヴィニフェラ” 赤 ==>> 詳細はこちら
Touraine Gamay Vinifera AOC, Rouge
/トゥーレーヌ・ガメィ“ルネサンス” 赤 2017 ==>> 詳細はこちら
Touraine Cot Vinifera AOC, Rouge
/トゥーレーヌ・コット“ヴィニフェラ” 赤 2014 ==>> 詳細はこちら
Provignage Cepage Romorantin Vin de France, Blanc(ヴァン・ド・フランス)
/プロヴィニャージュ“セパージュ・ロモランタン” 白 2015 ==>> 詳細はこちら
La Pucelle de Romorantin Vin de France, Blanc
/ラ・ピュセル・ド・ロモランタン 白 2016 ==>> 詳細はこちら

Copyright@IZUMI TRADING CO., LTD. All rights reserved.